今日の一曲 No.101:ブラームス作曲「交響曲第2番」(ショルティ & シカゴ交響楽団)

「今日の一曲」シリーズの第101回です。

これまでの「今日の一曲」100回分をアーティスト別に眺めると、登場回数の最多は「ブラームス」で、これは意外でした。今回もまたブラームスを取り上げるのですが、私自身はブラームスの熱心なファンというわけでもないので、もしかしたなら、その時々の関心事の先にブラームスの楽曲がたまたまあった・・・と言った方が正解に近いのかも知れません。ただ、そこには、ブラームスの音楽ならではの何かがあるようには感じます。

さて、ある年の夏、長男(第二子)が生まれたその夏は、とても、とても暑い夏で・・・その夏の、どんな関心事がまたブラームスへと結びつけていったのか、このあたりの事を今回は語らせていただくことに・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その年の夏は・・・とても、とても暑い夏だった・・・

 

・・・と、「本題」に入る前に、これまでの「今日の一曲」を通じて書いてきたことのうち今回の内容に関連する事柄について、その概略を簡単にまとめた、まずは《イントロダクション》から・・・

 

《イントロダクション1》 

洋服職人の叔父からの影響はとても大きかったことは明らかで、当時、叔父が遊びに来るたびに置いていってくれたアナログ・レコード盤のお蔭で、私は既に記憶もおぼろげな幼少の頃(2~3歳頃)から所謂クラシック音楽や映画音楽を聴いて育った。

言っておくけれど、優雅な様子でクラシック音楽を味わっていたというイメージは持たないでいただきたい。

父も母も音楽には疎い方の人だ。塗装職人の父は稼いだそのお金を直ぐさま他の職人さんたちに振舞って呑み喰いしてしまうような人だったらしい。その度であったのだろう、父と母が喧嘩を繰り返していたことは鮮明な記憶として残っている。・・・叔父が置いていってくれたレコード盤は幼少期の私には「救い」だったのだ。

日常的にやや緊張が漂う家に育ったお蔭?で、4歳の頃には、モノラル・スピーカー付きの小さなポータブル式レコードプレーヤーにレコード盤を乗せて針を落すことも自分独りで出来るようになっていた。そして、部屋の隅、レコードプレーヤーのその前で正座をして静かに音楽を聴くということにも慣れていた。

が、ご心配なく、私が小学校に入学する少し前、妹が生まれると、父の様子は幾分か穏やかなになって、家の中の雰囲気も少しずつ落着きはじめた。理由はわからないけれど・・・。

こうして小学4年生くらいになると、それまでよく聴いていた小品曲よりも管弦楽曲などの40~50分くらいのやや長めの曲をじっくりと聴いて楽しむようになった。それは多分にテレビの影響がある。

クラシック音楽番組がテレビ画面に映ればそこに必ず釘付けとなった。オーケストラから奏でられる音のみならず、演奏者の姿や演奏会全体の様子をテレビを通して目で視ることができるようになってからは、古びてきていたポータブル・レコードプレーヤーで聴く音楽も、その「演奏する様子を想像して楽しむ」ようになった。

 

ここから徐々に「本題」へと向かっていくわけだけれど、もう少しだけ導入部分を・・・(汗・笑)

 

《イントロダクション2》

小学4年生頃からの「演奏する様子を想像して楽しむ」その最大の関心事となったのは、「指揮者」!

この関心事をさらに膨らませてくれたのが、・・・作曲家で指揮者の山本直純氏が司会を務めていた「オーケストラがやってきた」という民放テレビ番組だった。山本直純氏と新日本フィルとが実験的な演奏をしたり、若き日の小澤征爾氏も度々ゲストとして出演していた。その番組の企画で、時折、アマチュアを対象に「指揮者コンクール」というのがあった。プロの指揮者に近づこうと本格的に指揮棒を振る人もいれば、音楽のイメージを自己流に身体表現的に魅せる人もいて、言うなれば、この番組が「指揮者」という存在を身近なものにしてくれた、その切っ掛けだったと思う。・・・実際、レコードプレーヤーを前に正座をして音楽を聴く私の習慣はすっかり消えて、代わりに、指揮者の指揮棒を振り真似する姿へと変貌を遂げるのだった(笑)。

中学生・高校生の頃からは、月々の小遣いを貯めては大抵はレコード盤を買っていたのだけれど、ときどきは興味をもった管弦楽曲の「ポケット・スコア(ミニチュア・スコア)」を買って、それを見ながらレコード盤から聴こえてくる音を楽しむこともするようになった。・・・これで、ある程度のことだけれど、楽譜の書かれ方やオーケストラ・アレンジの仕組みも徐々に理解するようになった。

大学生時代あるいは社会人になった20歳~30歳の頃は、岩城宏之著「フィルハーモニーの風景」、小澤征爾著「ボクの音楽武者修行」、フランツ・エンドラー記録「カラヤン自伝を語る」などの書籍類も読んで、指揮者の仕事あるいはその生活ぶりなどにもますます興味・関心をもつようになった。中でも特に、小澤征爾さんの師匠であり叔父でもある斎藤秀雄氏の著作「指揮法教程」には強く惹きつけられて、指揮棒の見せ方と演奏者の反応など、その関係性について5年間ほど掛けて調べるまでのことをした。・・・指揮者になるわけでもないのにね~(笑)。

 

*「ポケット・スコア(ミニチュア・スコア)」:主にはオーケストラなどが演奏する楽曲の全体を掌握するために指揮者など総括する立場の音楽家が持っている楽譜(全ての楽器・パートの楽譜が載っている)「フル・スコア」を、小さなA5サイズの単行本のように編さいしたものを「ポケット・スコア(ミニチュア・スコア)」という。

 

さあ、いよいよ「本題」へ・・・

 

 《本題》

それは、我が子、第二子である長男が生まれた夏のこと・・・とても、とても暑い夏だった。

妻は出産予定日よりも少し早目に病院に入院して出産の準備、そして無事に長男を出産した。2歳に満たない幼い長女がどんな反応を見せるのか、少しだけ心配もしたのだけれど、・・・確かに長女にしてみれば病院という場にいる母親への心配の方が先だったのだろう、対面初日は生まれたばかりの弟に目を向ける余裕はなく顔の表情を強張らせて、当時すでに口達者だった面もすっかり封印して「だんまり状態」に。ところが、その翌日に病院へ行くと、すべての状況を一人で理解しきったような余裕のある態度で、弟の存在も直ぐに受け入れて、早速名付けられたばかりの弟の名も呼んでくれるのだった。

妻は出産後、当初よりも少しだけ長めに病院で体調を整えることになった。妻が入院していた出産前と出産後のその間、私は夏休みをその期間に合せて取って常に長女と一緒に居た。・・・昼間は狭いベランダにビニール・プールをなんとか拡げて水遊び、それから妻(母)と生まれたばかりの長男(弟)に会いに病院へ。そのあとは、スーパーマーケットで買い物、入浴なども済ませて、・・・そして、・・・夕食後はほぼ毎晩ように、それは、遂、長女にせがまれて、アニメ「となりのトトロ」をビデオ鑑賞するハメに。・・・ちなみに、当時このときの私は、長女が「トトロ」や「メイちゃん」などのキャラクターたちを単に面白がって観ているのだと、そんなふうに単純に思っていたのだけれど、この話って、幼い女の子が病院で療養中の母親に会いに行く話なんだ~・・・と、だいぶ時が過ぎてから想い返すようになった。でも2歳だよなぁ~?

その長女が睡眠に就くと、私は夜の一時を決まって、その夏前までの3ヶ月間ほど放送されていたあるテレビ番組を録画したビデオを、音量を抑えながら観て過ごした。

 

ビデオに録画したそれは・・・イギリスで制作された“子ども向けの音楽番組”で、当時の「NHK教育テレビ」が日本語吹き替えをして一つの回を25分、10回シリーズで放送したものだ。「オーケストラの魅力」というタイトルで日本では放送されたように記憶している。

それで、この番組の進行役が、なんと、「(サー)・ゲオルク・ショルティ」だったのだよ!

(サー)・ゲオルク・ショルティ氏は、1912年生まれ、ハンガリー出身のイギリス国籍をもつ指揮者。イギリスでナイトの称号を得たことから「サー・ゲオルク・ショルティ」という呼ばれ方が正式とされる。

日本でこの番組が放送されたとき、ショルティは長く務めていたシカゴ交響楽団の音楽監督の職を退いたものの、そのままシカゴ交響楽団を中心に世界各地で指揮者として広く活躍していた79~80歳の頃だ。だから、おそらく番組制作中のショルティも70歳代後半の年齢にあったかと思う。

この番組は、“子ども向け音楽番組”として紹介されていたけれど、実際に観てみると・・・

「いやいやいや、とんでもない!」

「これって、本格的な指揮者のための基礎講座だよ!」

 と思うほどの内容が詰め込まれていた。

指揮者としての準備作業、楽曲に対する解釈と演奏へのアプローチの方法、指揮者と演奏者との関係性、本番演奏中の指揮者に求められる能力と技術と心理状態、・・・などを、トークと併せてオーケストラやオペラ歌手の演奏者とともに実演して見せてくれるのだった。

「こんなに教えてくれちゃってイイの?」

「こんなに見せちゃってイイの?!」

ってくらい、ショルティは自身が培ってきた技術から精神まで、そのすべてを惜しげもなく注いでくれている、観ている側にとっては貴重過ぎて有難すぎる番組だった。

 

指揮法については、指揮者あるいは音楽家たちによってその在り方に対する考え方も様々ではあるようだけれど、私にとっては、小学生の頃からの関心事の一つとして、指揮棒の振り真似に始まって、それが次には「ポケット・スコア」へと、更には指揮者たちが著作した書籍類も読みあさるほどの探求心へと繋がって、それはクラシック音楽のみならず、あらゆる音楽を聴く耳を少しずつ拡げてくれて、同時に少しずつ深いところまで誘って育ててくれた大切な鍵の一つのように思えている。・・・加えて言えば、音楽に限らず、私が長年に渡って関わってきた仕事にも大いに役立つものだったと・・・現在から振り返っては尚更感じている。

特に、ショルティが進行役となって登場したこの番組は、「指揮者・指揮法」へ想いを重ねてきた私の小学生の頃からそれまでの年月を一本の線で結び繋げてくれたようにも思えて、言いようのない衝撃と歓びを我が身に教えてくれた。

 

一方、この5年前くらいから、日本国内では、故・齋藤秀雄氏の教え子たちを中心に結成した「サイトウ・キネン・オーケストラ」がヨーロッパなど海外で公演をして話題となっていた。指揮者では小澤征爾氏もメンバーの一人であった。

この「サイトウ・キネン・オーケストラ」の活動は、当時、「日本人の西洋音楽への挑戦がどれほどヨーロッパの人たちに受け入れられるのか?」という尺度でも測られる部分もあって、日本のクラシック音楽界にとっては大きな「挑戦」の一つとして捉えられていた。

当然、私としては、斎藤秀雄氏が書いた「指揮法教程」を5年間程に渡って読み込んだ経緯もあって、「サイトウ・キネン・オーケストラ」のライヴ盤CDを集めたり、テレビ放映があればビデオ録画をしたり、そのチェックには余念がないほどだったのだけれど、この初期の頃(1987年~1992年)の「サイトウ・キネン・オーケストラ」はその「挑戦」の意味もあってのことだったのだろう、ヨーロッパの伝統的な色を継ぐ音楽の一つであるブラームスの交響曲をプログラムのメインに据えることが多かった。

 

 ・・・ハイハイハイ、ここで「ブラームス」の登場となるのだ!

 

ブラームスの音楽との出会いについては、第11回(2016/12/15記載)で語らせていただいた。またこの第11回では、ミュンシュ指揮、パリ管弦楽団が演奏する「ブラームスの交響曲1番」とサイトウ・キネン・オーケストラが演奏するブラームスのそれとを比較して簡単に語りもしたのだけれど、これと同様に、

「それなら・・・」

と、ショルティが指揮をするブラームスの交響曲とも、どうしても比較してみたくなってしまった。・・・とても、とても暑い夏でもあったのだ。

まぁ、クラシック音楽ファンのおおかたの評判では、・・・ショルティは、ブラームスの作品などよりも彼と同じハンガリー出身の作曲家で彼自身も師事したことのあるバルトークの作品、あるいはショスタコーヴィッチの作品など、そうでなければオペラ作品の方が評価が高い、こうしたことも知ってはいたけれど、

「それでもだよ!」

と、決断が揺らぐことはなかった。

そして、あとの行動はいつものパターンしかなかった・・・・

 

それはもう小学校の高学年の頃からで、社会人になってからも通い続けていた・・・例の物静かそうなオジさんが一人で営むレコード店へと向うのだった。ただし、このときは長女の手を引いて尋ねた。

当然のことながら時間を掛けて店内をうろつく習慣もこの日に限っては抑えて、「ショルティ」と「ブラームス」だけを目標にラックを探った。

サー・ゲオルク・ショルティ指揮、シカゴ交響楽団の演奏で、ブラームス作曲「交響曲第2番」、1978年の録音のものを1987年に再版したCDを見つけた。この日、この店内で、この2つのキーワードを満たす盤はこれが唯一だった。

 

CDを買って長女と自宅へと帰る。

この頃には、いかにも男の子といった具合に丸々として逞しくも見えるベビーベッドの中の赤ん坊(長男)を、妻と幼い長女との3人で覗き込みながら過ごしていた。

 

買ってきたCDに収録されたショルティとシカゴ交響楽団のブラームス「交響曲第2番」は、ここしかないであろう最適と思えるテンポで、かつ、楽譜から写し出される表情そのままを忠実に表現した響きで、それは僅かにアメリカのオーケストラ特有の金管群の色が現れるものの、ブラームスの楽曲の根底にあるオーケストレーションの巧みさによっても生まれる、優しさ、愛らしさ、優雅さと気品を保ったまま、すべてが丁度いい具合にブレンドされた音たちとなって聴こえてくるのだった。

これらは、「演奏する様子を想像して楽しむ」小学生当時の頃の自身の原点にあったこれにも容易に応えてくれて、ショルティの技術と指揮者としての信念、これと併せて、ブラームスの音楽ならではの底知れない魅力とが相まって伝わってくる音に感じた。

 

が、ここで聴いている我が身を更に変容させてくれる新たな音もまた聴こえてくるのだった。・・・それは、家族がまた一人増えた喜びを噛み締めてのことであった。・・・とても、とても暑い夏だった。

「今日の一曲」の第101回でした・・・。

 

<追記>

この頃(前後4~5年間ほど)、ひょんなご縁で、「日本人はクラシック音楽をどう把握するか」の著者である傳田氏と交流があって、傳田氏がちょうどこの本の原稿を書き始めた頃のこと。この同時期にもう一方で、日本語の言語研究などもされていたある方(お名前は伏せさせていただく)・・・この方がある学校の国語の教師でもあったことからこの方とも交流があって、この方と傳田氏のお二人を引き会わせる役になったのです。そんなことがあったのも、長男が生まれたこの年のことでした。