教育を語りあおうよ音楽CafeーBarで

《目的》-------------

*日本の子どもたちを救うための企画です。

*子どもたちが現在そして未来に向けて、それぞれの「幸せ感」を育んでいくことができるように、と願っての企画です。

*保護者も、教師も、大人たち皆が、子育て・教育に安心と自信をもって関わることができるように、と願っての企画です。

 

いま、日本の子どもたちの子育て・教育をめぐっては、広く多くの方々の理解と関わりが必要になっています。

「教育を語りあおうよ音楽CafeーBarで」というこの企画幅広く多方面から様々な立場の大人の皆さんに参加を呼び掛けている企画です。

そこには、公教育の現場に立つ方(幼稚園・小学校・中学校・高校の先生、スクールカウンセラー)、保育士さん、子育て中のお母さん・お父さん・保護者の方に是非とも積極的にご参加いただたいて、会場にお集まりいただいた皆さんと共に双方向的に進めていくトーク(講演)&音楽のライヴにしたいと考えています(2018年より)。

 

《内容1:講演》-------

中心となるのは、トーク(講演)です。その内容は、自らの教育現場での経験(30年以上)と、現在もまた教育学・心理学・哲学・社会学・経済学など各分野を学び探求し続ける中で、これらを総合して、子どもたちが今を、そして将来に向けて、大人になってからも活き活きと社会で生きていくために必要な教育とは?・・・を問う実践かつ具体的な方法 の提案です。ただし一方向的ではなく、この提案をもとに参加くださる皆さんからの考えや意見もいただいて一緒に考えながら双方向的に進めていきます。

 

《内容2:音楽》-------

これらの間に、あたたかく優しさのある(…と聴いてくださる方々から言っていただくことが多い)アコースティックな音と歌声を挟みながらリラックスできる時間と空間もお届けします。

 

《内容3:相互理解》-----

さらに、会場にお集まりいただいた皆さんどうしが意見交換・情報交換をし合える時間を設けて、互いが共通了解できる道を探ります。

急がれる課題に向き合いながらも幾分か非日常的なリラックスできる空間で豊かな発想と知恵を持ち寄り合う時間になればと、新提案させていただいている企画です。

*****************

《テーマは「自立と自律」》

 このテーマを4つの面から考えます。

 1.子どもの能力の特性

 2.学校教育(公教育)

 3.家庭での子育て

 4.地域社会との関わり

*****************

 



次回の予定は→「ライヴ・スケジュール」でご確認いただきますようお願い申し上げます。


最初は、「子どもの自立力育成を考える音楽会」としてスタートさせました!

スタート日、2018年6月28日(木)、第1回目の内容は・・・

「子どもたちの自立力育成を探求して(第1編)」をトーク(講演)の参考資料に(下記に一部抜粋して掲載)、これらの説明と関連のある事柄についてお話させていただきました。

2018年6月30日の「ブログ」にも、この様子を載せています。)

トーク(講演)の間に、オリジナル曲の5曲、「心にある足」、「ねじれの位置」、「桜、夢色」、「三日月のベッド」、「やさしい雨」を演奏・歌わせていただいて、全体で約80分間のトーク(講演)&音楽のライヴを。そのあとは、会場の皆さんで意見交換会を40分間ほど行いました。


*ご意見・ご提案、ライヴのご依頼、ご相談等(特に、ご質問は大切に思っております)のある方は、「ライヴのご依頼・ご相談」のページをご確認いただいた上で、「メール・ボックス」から送信していただきますよう、お願い申し上げます。


《資料を公開》

子どもたちの自立育成を探求して(第1編・詳細版)

全48ページより以下を抜粋

子どもたちの自立育成を探求して(第2編)

全69ページより以下を抜粋