17日 3月 2019
「今日の一曲」シリーズの第88回です。88枚目にご紹介する盤は、バリー・マニロウの10作品目となる記念アルバムです。もちろん、当時のLPレコード盤です。 バリー・マニロウについては第27回でもご紹介させていただきましたが、今回はこれとは少し異なる存在として想い起こしてくれる一曲として、ご紹介させていただこうと思います。
14日 2月 2019
4ヶ月間以上も「ブログ」は放置状態でした。それで、この間、「何をやっていたのか?」という近況報告です。まぁ主には、「子どもの自立力育成を考える音楽会」のタイトル改め「教育を語りあおうよ音楽Cafe-Barで」のための資料を作っていたのですが・・・

07日 10月 2018
2018年10月6日(土)、「ほっと楽しやハートライヴ(第13夜)」のライヴ報告です。会場は拠点にしている東京・阿佐ヶ谷の「ライヴ小屋 Next Sunday」さん。思いっきり手前味噌になりますが、とっても好き(よき)一夜を演出できたかと・・・。ですが、そこには寂しい別れも・・・。
02日 9月 2018
今年の夏は、各地での自然災害等の影響を考慮してツアーには出ず、自宅に引き(弾き)こもって、曲創りや「子どもの自立力育成を考える音楽会」の資料作り、週末にカフェ等で生音ミニライヴをしておりました。さて、昨夜、9月1日(土)、東京・阿佐ヶ谷「ライヴ小屋 Next Sunday」さんに出演させていただきました。そのご報告です。

26日 8月 2018
「今日の一曲」シリーズの第87回です。87枚目にご紹介するこの盤は特に大切にしている一枚です。ちょうど1年前に載せた第46回で彼らのライヴを丸ごと収録したLPレコード盤を紹介しました。「彼らの歌声と澱みないハーモニーにもっと早くに出会いたかったぁ〜」。今回ご紹介する盤もまたそんな想いとあわせてご紹介していこうかと・・・。
17日 8月 2018
「今日の一曲」シリーズの第86回です。今回で86枚目となる盤とそこに収録された一曲をご紹介しながら、また諸々書かせていただきます。が、前回の第85回からの続編的な内容でもあるのですが、今回ご紹介の盤を手にしたのは、ある人に、「あなたはブルックナーのような人だ」と言われたことが切っ掛けでした。

14日 8月 2018
「今日の一曲」シリーズの第85回。第83回、第84回と続けて「夏」をテーマに取り上げてきたので今回もその流れで書かせていただきます。 当時は30歳代半ば、それは現在から振り返ってみても新たなチャレンジに満ちた充実した日々であったかのようでも・・・。そんな夏、このCDアルバムが発売されました。何度繰り返し聴いていたことか・・・。
29日 7月 2018
「今日の一曲」シリーズの第84回です。前々回から夏をイメージする曲を取り上げていますが、今回も「夏」、これに加えて「恋」・「女性」がテーマになっているアルバム、当時のLPレコード盤から一曲をご紹介させていただきます。この盤を手にした1988年の夏、それは結果的に、「昭和」という時代の「最後の夏」になったのでした。

20日 7月 2018
「今日の一曲」の第83回です。 まずは、大阪北部を震源とした大地震で、また西日本の広い範囲を襲った豪雨で、これら災害によって亡くなられた方へ心よりご冥福をお祈り申し上げます。同時に、災害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。 今回、ご紹介する83枚目の盤とその一曲は、第77回で紹介した2枚組CDのもう1枚の方からになります。フランスのスーパー木管五重奏団と20世紀以降の現代作曲家の作品たちとが融合した音が収録された盤です。
16日 7月 2018
7月15日(日)の夜、東京・阿佐ヶ谷「ライヴ小屋 Next Sunday」さんに出演させていただきました。 全国ツアー中の「きよふみ」さんを招いて、「Next Sunday」のみやこ店長と相談の上、若干強引気味にブッキングを組んでいただいたライヴ。「まったりーフッカー(ex.一日一善松田一善)」さんも加わっての楽しいライヴに。

さらに表示する