ブログカテゴリ:愛間純人



03日 12月 2019
「今日の一曲」シリーズの第103回です。さて、最近、再びチャレンジしていること、それは音楽活動と共にもう一つのライフワークで「子どもたちの自立力育成を探求して」という資料の作成です。現在はその「第3編」を執筆中。こうした作業が続く中、脳みそをリフレッシュしたいときなどに聴きたくなる音楽・・・私の場合は、バッハなどバロック時代の音楽か、20世紀以降の現代音楽などの作品になります。今回、103枚目にご紹介する盤とその一曲も、そんな一息ついたときに聴く音楽です。では、いつものように諸々語りながら・・・
28日 11月 2019
8月の終わり頃からそれまでとは違うボイストレーニングを取り入れて、もちろん併行してライヴ活動も続けていたのですが、「何かおかしい?」、「自由にコントロールして歌えない」といったことが徐々に増えて、結局は歌うことそれすらできなくなりました。このボイストレーニングは2ヵ月以上経過した10月末近くになって中止。が、その後も喉の状態は悪いまま、歌えない状況が続いてしまいます。さて、今回は『この危機を救ってくれたもの』そのお話です。

20日 11月 2019
シンガー・ソングライターでありながら、本ホームページの「子どもたちを育む『自立と自律』」のページ内でも記しているように、教育に関する活動もしている私。ここで問題が指摘されている「大学入学共通テスト」についてはその進め方や対応があまりに無責任でお粗末過ぎると感じています。それは日本の教育全体に及ぶ危機感さえ感じます。そこで、今回ばかりは少し意見を述べさせていただきます。
31日 10月 2019
前回に続き、たいへん遅くなってしまったのですが、10月26日(土)に開催した『ほっと楽しやハートライヴ(第15夜)』のご報告です。 今回は、菅野忠則さんとbabaリズムさんをゲスト出演者にお迎えして、東京・三鷹の「おんがくのじかん」で、まさに、このライヴのコンセプト「ゆったり、まったり、クスッと笑えて楽しく・・・」そのままをお届けできたかと・・・。 では詳しく、ご報告させていただきます。

29日 10月 2019
たいへん遅くなってしまいましたが、10月9日~10月18日の「秋のライヴツアー2019」のご報告です。 Facebookでは随時、「ライヴ報告(速報)」と題して、ツアー各地でのライヴの様子をその概略だけご報告させていただいておりましたが、本ホームページ「ブログ」ではもう少し詳しくご報告をさせていただこうと思います。
20日 8月 2019
「今日の一曲」シリーズの第102回です。今回は、前回に続いて触れておきたい盤とそこに収録された一曲をご紹介します。また前回に書いた・・・小学生の頃からハマっていた指揮者・指揮法への強い関心と、我が子(長男・第二子)が誕生した「とてもとても暑い夏だった」その夏の出来事など、これらについても前回からの続編として、もう少しだけ詳しく掘り下げて語らせていただこうかと・・・

29日 7月 2019
「今日の一曲」シリーズの第101回です。これまでの登場回数最多が「ブラームス」というのは意外で、それは、私のその時々の関心事の先にブラームスの楽曲がたまたまあったということなのかも・・・。さて、ある年の夏、長男が生まれたその夏は、とても、とても暑い夏でした。その夏の、どんな関心事がまたブラームスへと結びつけていったのでしょう・・・
23日 7月 2019
「今日の一曲」シリーズの第100回です。「今日の一曲」は音楽ディスクに収録された楽曲やアーティストを紹介しながらも、その蘊蓄を様々語るといった類のもでもなく、また別の意図をもった「エッセー」です。今回は100枚目にご紹介する盤とそこに収録された或る一曲とともに、「今日の一曲」を、どんな思いで、どのようにして書いてきたのか、伏せてきた「真実」も含めて語らせていただこうかと・・・。

09日 7月 2019
「今日の一曲」シリーズの第99回です。99枚目にご紹介する盤は、これまでに繰り返し聴いた回数ではトップ10に入る盤かと・・・。さて、ここ最近は、すっかり梅雨空の毎日ですが、「こんな季節には!」と思ってラックから取り出してきました。この盤との出会いは高校3年生の今頃の季節でした。今回は、将来の進路や学校の勉強に悩む高校生・中学生とその親御さんに必読となる内容も含めて語らせていただこうかと・・・。
30日 6月 2019
6月29日(土)「ほっと楽しやハートライヴ(第14夜)」のライヴ報告です。昨年の10月で一度閉じたこの企画、色々な人の声が有難い言葉となって再開に至ったわけですが・・・。おっとその前に、なんと私にアクシデント?・・・でも、お陰様でライヴ当日はイイ感じに・・・その様子をご報告させていただきます。

さらに表示する