今日の一曲 No.102:モーツァルト作曲「ディヴェルティメント ニ長調 K.136」(小澤征爾& サイトウ・キネン・オーケストラ)

「今日の一曲」シリーズの第102回です。

今回は、前回の第101回に続いて、

「このことにも触れておきたいなぁ~」

という思いからラックに手を伸ばした盤とそこに収録された一曲をご紹介します。また前回に書いた・・・小学生の頃からハマっていた指揮者・指揮法への強い関心と、我が子(長男・第二子)が誕生した「とてもとても暑い夏だった」その夏の出来事など、これらについても前回からの続編として、もう少しだけ詳しく深く掘り下げて語らせていただこうかと・・・。

ですが、前回をお読みでない方も、話の流れがおおよそ分かるように書いていこうと思います。

では、前回の、その「とてもとても暑い夏だった」夏へと再び戻って続きを語らせていただきます。

-------------------

その「とてもとても暑い夏だった」というのは、1992年の夏のことで・・・

妻と2歳に満たない長女と3人でベビーベッドの中を覗き込んでは、生まれたばかりの赤ん坊の長男に向かって、これまた名付けたばかりの名前を代わる代わるに呼んでは、長男が見せる身体の反応や表情の変化の一つひとつを喜び合う、そんな日常の始まりでもあった。

 

(前回に記したことから・・・)そうそう、妻と長男が病院から戻ってくるまでの間中、長女に毎晩のようにせがまれて一緒に観るはめになっていた「となりのトトロ」のビデオは、この頃になると、もう長女にはそれほど必要ではなくなったようだった。・・・とすると、やはり、長女は、キャラクターたちの様を面白がっていたのではなく、主人公の幼い女の子(メイちゃん)が病院で療養中の母親に会いに行くというストーリーを何となくでも理解して観ていたのか?・・・でも、2歳前の子が、まさかね~。

 

そんな長女にとって、「となりのトトロ」よりも止まらなかったのは、昼間、狭いベランダに出したビニール・プールでの水遊びの方だった。それは少々過ぎたかも知れないほど真っ黒に日焼けして、オマケに自然とパーマ掛かった髪質だったために、この夏のしばらくの間は、妻か私のどちらかが長女を連れて近所や公園を散歩していると、

「失礼ですけれど、お父さん(お母さん)は、どちらか外国の方ですか?」

 などと聞かれること度々だった(笑)。

 

一方、ベビーベッドの中の長男は、見るから確りとした造りの大きめの赤ん坊だった。まぁ、泣き声もでかい!が、湯に浸かるとそれはそれは気持ち良さそうにする・・・など、長女が生まれたばかりの頃とはまったく違う様子に、

「女の子と男の子ではこんなにも違うんだなぁ~」

と、やや勝手な決め付けをしながらも、元気に力強く日々育っていく長男の様子を、可愛いというよりは頼もしいといった思いで見守るのだった。

こうして、この世に生を受けた新たな存在を目の前にすると、何から何まで全てにおいて、とっても意味深いものなんだと実感させられる。当時は、それ相当の分だけ、妻も私も、自分たちが経験したことのない慌ただしい生活と重い責任を引き受けることにもなったのだけれど、子どもたちの成長というのは、これをも超えるほどの歓びをもたらしてくれた。実に、「生命」と「成長」とは果てしなく凄い!そして、尊い!

 

そんな慌ただしさもある生活の中、一日のうちのどこかで40~50分ほど時間を作っては、(前回に詳しく記載した・・・)指揮者・ショルティが進行役を務めるテレビ音楽番組を録画したビデオ、それと、サイトウ・キネン・オーケストラの演奏を録画したビデオを繰り返し観ては、指揮者とオーケストラの関係についての関心を深めていくことを、変わらずに続けていた。・・・いや、「関心を深めていくこと」というのは体裁の良過ぎる表現かも知れなくて、単に、「面白くて」と言ったほうが正解かな・・・(汗・笑)。

余談になるけれど、これらのビデオを観るタイミングが夜の遅い時間帯であった場合は、続けて深夜まで、バルセロナ・オリンピックのテレビ中継を視てしまい寝不足状態に陥ることもしばしばであった(汗)。

 

それから少し季節が進んで、幾分か僅かにではあるけれど、秋らしい空色に変わりつつあるのかなぁ~という頃・・・

サイトウ・キネン・オーケストラは、その前年の5年間に渡って続けていたヨーロッパやアメリカでの海外公演ではなく、国内での恒例イベントとして長野県松本市での「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」を開催していくことへ舵をきった。そして、その第一回が開催されたのだった。

 

(前回も記載したこと・・・)故・齋藤秀雄氏のかつての教え子(またその教え子)などが中心になって結成した「サイトウ・キネン・オーケストラ」。齋藤秀雄氏は指揮者小澤征爾氏の最初の師匠であり母方の叔父でもある。また齋藤秀雄氏は、指揮者として指揮法研究を重ねるより以前はチェロ奏者であったことから弦楽器の奏法にも精通していた。

小学生の頃から私の関心事にあった指揮者を、齋藤秀雄氏の書いた「指揮法教程」という本は、すでに社会人になっていた私の関心事を更に深く掘り下げてくれるものだった。私はこの本に書いてあることを少しずつ調べて、少しずつ理解しようと読み込んでいった。それは5年以上もの年月を要した。

 

そして、ようやくこの年の夏を迎える少し前に、この齋藤秀雄著「指揮法教程」の内容の一通りを調べ終えたのだった。

ここには、指揮者の動作の一つひとつが演奏者へ与える影響についての考察が尽くされている。指揮者から発っせられる指揮棒(あるいは指揮者の手の先)によって描かれる図形と動きが、演奏者を迷わせることなく、演奏者に正確な意図を伝えるために如何にあるべきか、その指揮者が備えるべき技法が事細かに書かれている。・・・個人的にはそう解釈した。

指揮者にこうした技法は無用であるとの意見も耳にするけれど、私は、指揮者ではないからこれに意見を述べることはしない。ただ、齋藤秀雄著「指揮法教程」が狙いとしているであろうその根底にある物事の捉え方・考え方は、私の生活においても、私の当時の仕事においても大いに役立つものとなった。

 

さて、「サイトウ・キネン・フェスティバル松本(第1回)」のプログラムからは、その前年までの海外公演で重ねてきた、「(故・齋藤秀雄氏の教えを継ぐ)日本人が奏でる西洋音楽が、本場ヨーロッパなど海外で、どれほど受け入れてもらえるのか?」といった挑戦、これとはまた違う別の挑戦を感じた。

それは、日本国内や日本人に向けて、より西洋音楽を、よりオーケストラが奏でる響きを、あるいは純粋に音楽というものをより楽しむ楽しみ方を、もっと知ってもらいたい、もっと面白がってもらいたい、「日本国内にもっと、もっと『音楽』を確りと根付かせていくのだ!」と。

海外公演では、ブラームスの交響曲などをプログラムのメインに据えて、そのフルオーケストラ編成では管・打楽器群にヨーロッパやアメリカで活躍している演奏者もゲスト・メンバーとして加わっている。齋藤秀雄氏の教え子ばかりでメンバーが構成されているわけでは決してないのだった、・・・やむを得ないのだけれど。

が、「フェスティバル松本(第1回)」のプログラムでは、ブラームスの交響曲などもプログラムにはあるのだけれど、オープニングでは武満徹の「セレモニアル」(「今日の一曲」の第13回(2016/12/27記載)で紹介した盤にも収録されている)という邦楽器(笙)とオーケストラのための音楽を、他、モーツアルトやチャイコフスキーの楽曲が並ぶも、これらがフルオーケストラ編成で演奏する楽曲ではなく、齋藤秀雄氏がもっとも精通していた弦楽だけで編成・演奏される楽曲を選曲している。・・・指揮者を含めて日本の演奏家だけで、齋藤秀雄氏のかつての教え子たちだけで編成した「サイトウ・キネン・オーケストラ」の演奏もたっぷりと味わってみて~!というメッセージがより濃く表れたプログラム構成に思えるのだった(「A」と「B」のプログラムで多少は異なる印象はあるにしても)。

 

「フェスティバル松本(第1回)」の様子は、演奏会当日からそれほど日が経たないうちにテレビでも放映された。もちろん、リアルタイムで視聴をして、ビデオ録画もして、これもまた何度もくり返し観た。

 

更に半年ほどすると、まぁ見事に期待通りだった・・・「フェスティバル松本(第1回)」のプログラムから弦楽曲だけを収録したCDが出された。

ただこれはライヴ盤ではなく、「フェスティバル松本(第1回)」が開催されていた期間中に、小澤征爾氏と「サイトウ・キネン・オーケストラ」が演奏会とは別に録音のために臨んだ演奏で、チャイコフスキーの「弦楽セレナード」、モーツァルトの「ディヴェルティメント ニ長調 K.136」、モーツァルトの「セレナード第13番『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』K.525」の3曲が収録されたCDだ。・・・これが今回、102枚目にご紹介する盤だ。

もちろん、初回盤のCDが発売されたその当時に、例の実家近くの小学生の頃からお世話になっていたレコード店で購入した(その後、再版されたCDも出ている)。

 

齋藤秀雄氏の指揮法を基本に、カラヤン、そしてバーンスタインのもと、世界のオーケストラとの共演で経験を重ねてきた小澤征爾の指揮。その指揮を、齋藤秀雄氏のかつての教え子たちである各弦楽器の奏者たちもまた熟知して弦を奏でているはずで・・・これは想像に過ぎないのだけれど、だからなのだろうと想いながらも実際に、このCDから聴こえてくる、ここで奏でられている音からは、他でよく聴く演奏のテンポよりも全体的に速めであるにもかかわらず(特に第3楽章)、細部に渡ってまで正確でアンサンブルの乱れなど一瞬たりとも感じさせない、だからと言って決して窮屈でもなく、心地好い響きを伴いながら自然と流れ渡ってくるかのような音たちに感じるのだった。

 

が、ヨーロッパやアメリカで活躍するいわゆる一流どころのオーケストラの演奏、併せて、当時のカラヤンやバーンスタイン、あるいはショルティらが指揮をするそれらとはまた明らかに違うものだ。もちろん、それぞれのオーケストラや指揮者によってその特徴もまたそれぞれ違うのは当然の話だけれど、こうした類の違いとは別の次元の違いだ。

 

これら伝統的なオーケストラや欧米の指揮者によるものとの違いは、・・・私の誠に勝手なる聴覚とそれによる感想でしかないのだけれど、・・・・一音一音の音の立ち上がりと一音一音の音の移り変わりが・・・ん~、言葉で表現するのは難しいのだけれど、不明瞭という意味ではなく、極めて正確かつ精密でありながら、柔らかく包み込むような福與かさがあるというところが、一つ、「サイトウ・キネン・オーケストラ」の弦楽編成の特徴に思う。

特に、収録されている3曲のなかでも、この特徴が活かされて、それがとても心地いい具合に届いてくるのが・・・、モーツァルト作曲「ディヴェルティメント ニ長調 K.136」からだった。

 

これまでも、この「今日の一曲」シリーズのなかで、私は、モーツァルトの作品はあまり好みの方ではないことを申し上げてきた(クラリネットが中心の曲は別にして)。よって、モーツァルトを聴いて強く惹きつけられるなどということは非常に限られているのだけれど、この、指揮者・小澤征爾と「サイトウ・キネン・オーケストラ」によって奏でられた「ディヴェルティメント ニ長調 K.136」は、その数少ない中の一つである。いや、もっとも気に入っていると言っていい。

前述した弦楽編成の「サイトウ・キネン・オーケストラ」の特徴を違う言い方をすれば、ある意味何処かで「日本語的」なのかも知れない。

言語学者たちのある研究によると、モーツァルトが生きていた時代のヨーロッパの言語はドイツ語あるいは類似する言語も含めて全体的に軽やかに柔らかく発音されていたらしい。

だとすれば、縦的な精密さを先ず重んじる齋藤秀雄氏の指揮法、奏者全員が共有する齋藤秀雄メソッドの弦奏法から生み出される澱みない音色とテクニック、そこに、日本人のどうしようもなく奥深いところに染み込んでいる「日本語的」なリズムをやや逃がすような柔らかさと温かみ、これらがそれぞれにバランス良く相まって、ある意味でモーツァルト作品らしさを上手い具合に引き出しているのかも知れない・・・などと、またまた勝手な解釈をする。

 

ん?、少々理屈っぽくなったか・・・(汗)

 

が、念のため・・・、

ここで前半に記述した、我が子・長女の姿を見た人から度々あった、「失礼ですけれど、お父さん(お母さん)は、どちらか外国の方ですか?」という質問に明確に答えていなかったので、ここで答えることにしよう。

「どちらも日本人で、少なくとも2世代前まで遡っても日本人です。」

と・・・。

モーツァルト作品をどう演奏して、またどう聴こえるのが正しいのか、または本来に近いのか・・・などなど、これらのことは音楽の専門の方たちに譲るとして、私は日本で生まれて、日本人として日本で育ってきた者で、その者が勝手に解釈したことをどう述べたところで、ここでご紹介しているモーツァルトが「とても心地いい」と言っているだけのことなので、あまり真に受け過ぎないようにお願いしたい(汗)。

 

ともかく私にとっては、もっとも心地のいいモーツァルトに、ここで出会えた・・・ということなのだ。

指揮者・小澤征爾と「サイトウ・キネン・オーケストラ」が1992年9月9日・10日(「サイトウ・キネン・フェスティバル松本(第1回)」開催中)に録音のために演奏した、それを収録したCD(1993年の初回盤)から、モーツァルト作曲「ディヴェルティメント ニ長調 K.136」の心地好さを、「今日の一曲」の102曲目としてご紹介したかっただけだ。

 

幼い長女と生まれたばかりの長男は、このモーツァルトを聴いて育った。

さて、これは一種の英才教育に繋がったのか?

アハハハハ・・・、それは実際に聴いて育って、現在はもう社会人にまでになった長女と長男、本人たちに聞いてみるのがいいだろう(笑)。