今日の一曲 No.99:八神純子「雨の日のひとりごと」(アルバム「思い出は美しすぎて」より)

「今日の一曲」シリーズの第99回です。

99枚目にご紹介する盤は、繰り返し聴いている回数としては所有する盤のなかでおそらくトップ10に入る盤かと思います(いちいちカウントしているわけではないけれど・・・)。

さて、ここ最近3週間ほどの東京は、すっかり梅雨空の毎日で、それは蒸し暑く感じる日と肌寒く感じる日とが小刻みに繰り返されていて、体調の維持に特別な気遣いが必要なほどです。憂鬱な気分にもなりがちですが、「こんな季節にはっ・・・!」と思って、今回は部屋のレコードラックから取り出してきました。

そう言えば、この盤とそこに収録された一曲との出会いは高校3年生のちょうど今頃の季節でした。そこで今回は、将来の進路や学校の勉強に悩む高校生・中学生とその親御さんに必読となる内容も含めて語らせていただこうかと・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このことは何度も語ってきているのだけれど・・・、

小学生のときからずうっと学校の勉強は嫌いなまま、苦手なまま育ってしまい、高校受験もそれなりの苦難を経てホントどうにかこうにか高校へ入学したのだった。嫌いなのだから勉強なんぞ理解出来るはずもない。学校の成績でまずます良好であったのが、「音楽」と「美術」、つぎに「体育」と「技術・家庭」、辛うじて人並みだったのが「英語」だった。他の科目は皆のために底辺を支えているような状況だった(汗・笑)。

 

高校2年生の夏を過ぎた頃、あることをきっかけに・・・それは有難い友人たちのお蔭で、大学受験に向けて勉強を始めた。勉強を始めたとは言え、たいした基礎知識もないヤツの勉強はそう簡単ではない。・・・ところが、勉強の方法などの面で支えてくれる友人、マインド(メンタル)面で支えてくれる友人、それぞれに優秀なる友人たちが居てくれて、少しの挫折は繰り返すものの、大きく挫けてしまうことはなく、高校3年生の5月頃には自分自身で勉強を進めることも出来るようになっていた。・・・そう、人との出会いだけは強運なのだよね(笑)。

 

学校の勉強を習得する最大のコツは・・・、自分の特性をまずは自覚すること。そして、その自分の特性に適した方法で学習することだ。・・・それを友人たちの力を借りながら見い出せることができた、それが私の強運さと幸運だったと思う。

 

ところが、将来への具体的な進路はなかなか定まらなかった。

音楽が好きだから音楽大学を目指そうかという考えも一瞬は浮かんだものの、学科の他にも実技で色々な試験があることを知って、そのためのレッスンにも通わないとならないというので、それは、時間的にも、経済的にも、あまりにもハードルの高いことだと自覚することは容易く、簡単にあきらめるのだった。

では、他に何かあるのかと問うても、興味として湧いてくるものは無かった。・・・、それでも時代は「コンピュータ」だった。この先の時代の新しい何かに対応するには「コンピュータ」と、そこに関連した「考え方」を身につけておいた方がイイ・・・そんな漠然とした感覚だけはあった。そう感じて、あろうことか、理数科系科目に重点を置いた勉強をするようになっていった。

 

・・・ってね、この時点では、笑っちゃうほどに、手に届きそうな大学・学部・学科など全く無いのだった。

 

こんな高校3年生の夏休み前、1学期の期末テスト直前の頃だったように思う。

日曜日のことだ・・・、学校が休みの日の日曜日などは、勉強を自分の想うがまま自由に進めることができるので、ほぼ一日を、期末テストに備えた勉強や大学受験の勉強に費やすのだけれど、昼食と休憩時間を兼ねたこの時間だけはテレビの前に居た。

この頃、ヤマハの主催で「ポピュラーコンテスト(通称:ポプコン)」というのが各地方大会から全国大会まであって、オリジナルの楽曲を引き下げて演奏を競いあう企画が注目を浴びていて、ここで優勝や入賞を果たした人たち、またはここからプロとして活躍するミュージシャンたちを紹介する「コッキーポップ」という音楽番組が日曜日の正午過ぎにテレビで放映されていた。

 

この日もテレビの画面を追いつつ、が、ふと、思い出したのだった。

そろそろ発売されているんじゃないのかな?・・・》

と。

これよりはだいぶ前の放送だったか?・・・数年前に16歳で「ポプコン」に入賞した後、プレ・デビューという形で活動していた女性シンガー・ソングライターがいよいよプロとして活動を始めてファーストアルバムを出すという、それを知って気になっていた・・・のを思い出したのだ。

《昼飯を喰ったら、久々に行ってみようかな・・・》

 

受験生の振りをしてというのでもないのだけれど、そのつい半年ほど前までは、例の物静かそうなオジさんが一人で営むレコード店へは買う目的の盤がなくても週に一度か二度は立ち寄るほどだったのに、気が付けば、レコード店を覗きに行くこともめっきり少なくなって、せいぜい1ヶ月に一度くらいのペースになっていた。

 

でも、ここはそれどころではない。期末テストの勉強よりも気になるレコード盤の方を優先すべきであるという価値観は相変わらずで、その日の「コッキーポップ」を視終わると直ぐに、レコード店へと向かった。

思った通り、発売されて3~4日ほど経過していた。

 

ここで購入した盤が今回ご紹介する・・・八神純子のファーストアルバム「思い出は美しすぎて」、もちろん、当時のLPレコード盤だ。

 

自宅に戻って、早速、レコード盤に針を乗せて聴いてみる。

 

すずしい雨の音が好き

悲しいことも忘れて

ひとり雨の中に居たいの

きっと何もかも 忘れられる

きのうの悲しいお話も

・・・・

 

伸びやかさと、包み込むような柔らかさを感じる歌声に、まずは耳を奪われる。

更には、この歌声が音域の全てで澱みがないこと、それに魅了される。

フレーズによっては、時に甘くもあり、時に強くもあり、歌詞とともに届く・・・。

アルバム作成当時の彼女は、19歳か20歳、とてもとても・・・

《凄すぎる!》

以前にテレビ画面を通して聴いたときの歌声にも惹かれはしたけれど、盤に収録されたその歌声は、テレビで聴いたときの何倍も上回って感じるのだった。

しかも、A面の1曲目に収録されたこの曲「雨の日のひとりごと」は、彼女が16歳で「ポプコン」で入賞したときの楽曲だ。

 

たとえば 雨は 私の恋人

こんな日には

ずっと そばに居て

やわらかな この白い雨は

空から何を運んでくるの

もしも 幸せ 運ぶのなら

私にも

ひとしずく わけてください

 

当時、こっちは高校3年生のアホずらしたガキだものな、この歌詞と、この歌声に、ノックアウト!…だよね(笑)。

 

この日、期末テストに備えた勉強はどうなったんでしょうねぇ~(汗)。

 

ちなみに、アルバムタイトルにもなった「思い出は美しすぎて」はシングルカットされた曲で、この翌年の春頃にかけてじわじわとヒットチャートを上昇、・・・私が通い始めたばかりの大学でも昼休みになるとキャンパス内に毎日のように流れていた。そう、私は奇蹟的にも大学生になった。

 

さて、第29回(2017/05/03記載)では、同じく八神純子のセカンドアルバム「夢見る頃を過ぎても」から「I'm A Woman」をご紹介させていただいたのだけれど、セカンドアルバムでは華やかなサウンド・アレンジともに彼女の歌声もパワフルな力強い面が強調されるようになる。

が、ファーストアルバムは、アルバム全体が、あくまでもソフトな印象で統一されている。

 

だからなのか、社会人になった以降も、いいオッサンになった現在も、ほんの少しの間、ゆったりと心を解して自分自身を甘やかしてもイイかなぁ~…といった気分のときに、レコードラックから取り出して聴くことが多い。

 

高校3年生の当時は、それ以前までの学校や大人たちに対して斜に構えてみせていたときよりも、ずうっと自身を大切にして、周囲にいる人たちのことも考えるようにはなっていたように思う。そんな心持ちの変容とともに、無駄に思えていた学校の勉強も、自分自身の取り組み方でその意味が大きく違ってくることに気付かされた。

が、その先の進路は、まるで自分自身ではどうして良いのか分からなかった。

でも、現在から振り返って想い起こしてみると、「何となく」は意外と大切な感覚かも知れない。

明確な目標と言えるものでなくても、積極性もなく消去法的であっても、・・・自身が僅かながらでもイメージした方向へと歩み出してみることは決して悪いことではないように思う。

 

今、もしも、将来のことで悩んでいる高校生や中学生が居るのなら・・・

今やグローバルな時代にあって、将来や未来を見通せる確かなものなどそうそう無い‥‥ということから理解した方がいい。だからこそ、どんな状況にあっても、どうにでも適応できるだけの「知識」と「知恵」をもって「教養」を身につけて、身の周りの出来ることから「行動」を起こして、「実行力」と「思考力」と「創造力」を高めていく必要がある。そして、こうしたことを身につけていったり、高めていったりできる場へと辿り着けるように、自分がもっとも適していそうな方法や方向を探りながら、それも最終的には直感で構わないから、「何となく」でも構わないから、とにかく少しでも近づけるように歩み始めることだ。ここに少々の失敗感や間違った感があったにしても問題ではない。・・・そう言ってあげたい。

要は、歩み始めてからの自分自身の取り組み方と姿勢で、その行動と経験から得られる意味は大きく違ってくるのだから・・・。もしも、失敗したと思って失望感を味わったなら、ゆっくりと優しく自分自身を癒してあげたらいい。きっとまた歩みはじめたくなる。

 

些か、話がズレたか?・・・。

 

でも・・・だ。

うっとおしくも想える梅雨空や降り続く雨をただ単にそのまま憂鬱に眺めるばかりではなくて、この「雨の日のひとりごと」のように、

♪もしも幸せ 運ぶのなら 私にも ひとしずく わけてください♪

・・・なんて具合に、しなやかに、優しい気持ちに置き換えられるくらい、それは、自由で、豊かな心持ちと、広い視野と、ちょっとしたユーモアを常に持ち合わせて居られる人であるなら、雨粒が跳ね上がる歩道も、起伏のある道のりも、その歩みは楽しく、幾らかばかりでも歩みやすくなるのかも知れない。・・・どう?

 

第99回の「今日の一曲」、今回は、将来を漠然としか描けなかった高校生の頃も、その後の社会人になってからも、いいオッサンになった現在も、それは梅雨空の下にぽつんと一人で居るようなときも、そっと柔らかく、ちょっぴりの甘さと、ほっとさせてくれる一時を届けてくれる一曲、・・・八神純子のファーストアルバム「思い出は美しすぎて」より、「雨の日のひとりごと」をご紹介させていただいた。