今日の一曲 No.98:サイモン & ガーファンクル「明日に架ける橋(Bridge Over Troubled Water)」(アルバム「セントラルパーク コンサート」より)

「今日の一曲」シリーズの第98回です。

今回は、おそらく現在40歳代後半から60歳代の方の多くが耳にしたことのある音楽かと・・・。そんな98枚目にご紹介する盤とそこに収録された一曲は、ある2人組ユニットのコンサートほぼそのままを収録したライヴ・アルバム、2枚組のLPレコード盤からになります。この盤を手にした当時の私は、学生生活もラストスパートといった頃であったのですが、そこで想い出されるある出来事と最近あった出来事とがふと交差してご紹介する一曲になります。では、一旦、学生生活を送っていた時代へと遡って語らせていただくことに・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

学校のお勉強が不得意中の不得意だった私も、高校2年生の秋になってある出来事をきっかけに大学受験に取り組むと、ぎりぎりセーフであったと思うのだけれど、奇蹟的にも大学に合格して入学することができた。が、当然の如く、入学後は大学の勉強についていくのがやっとやっと・・・だった。それでも、人との出会いの幸運さはこの頃も強運で、周囲の友人や先輩たちに励まされ助けられながら、どうにかこうにか一つの単位も落とすことなく大学生生活を続けていられるのだった。・・・といったこれらの話は、これまでの「今日の一曲」シリーズのなかでも何回か書いてきたことだけれど、ここでもう少し付け加えると、・・・3年生になって希望の研究室に入ると、その研究室のカラーというのか、水が合っていたとでも言ったらいいのか、同じ研究室の同期15人ほどで進めるディスカッションを交えた授業や、研究室から紹介される企業での実習(「企業実習」:インターンシップ的なこと)などが面白く感じられるようになると、成績での評価も「A」が並ぶようになった。・・・ちょっと自慢・・・なんちゃって(笑)。

まぁ、教授らの話を静かに聴きながら黒板に書かれた文字をノートに写し取ってといった講義で理解するのは苦手であったけれど、実践的な内容の方が性分として合っていたのだろう。

 

そんなわけで、無事にというか、結構充実感のある大学生生活も4年目の春を迎えていた。

 

卒業要件を満たすには、あとは「卒業研究(卒業論文)」の単位を修得するだけだった。・・・でもこれが決して簡単ではなくて、所属する研究室の研究と関連した内容を研究テーマに、12月の「中間発表会」では別の研究室の教授らを前にして研究成果をプレゼンテーション、これを踏まえて、2月末までに「研究レポート」を提出しないと単位修得にはならない。

研究テーマは、私が所属していた研究室では教授が提示してくれる6~7つのテーマの中から各学生が選ぶ仕組みになっていた。だから研究テーマの題材探しに苦労はなかったけれど、どのテーマも各学会や各企業の開発部門の最先端で扱われるような事柄ばかりだったので、いい加減なことは出来ないのだった。

だから(現在の大学生のような?)「就活(就職活動)」に多くの時間を費やしていてはむしろ大学卒業が危なくなる・・・ような仕組みでもあったので、「就活」は、3年生のときの先に上げた「企業実習」(夏休みと春休み1ヶ月間ずつの2回)やアルバイトを通して目安をつけておいて、4年生の夏の2ヶ月間くらいに集中的に動く学生がほとんどだった。あとは研究室に籠りっきりで「卒業研究」に時間を費やす、当時、私が所属していた研究室の大学4年生の姿は毎年こんなだった。・・・だからなのだろう、学科で一番厳しい研究室という噂も学内にはあって、学生全般からは人気のない方の研究室だった(汗・笑)。

 

そんなわけで、大学生活4年目の春は4月早々から慌ただしかった。

私が取り組むことにした題材は大手建設会社からの依頼も兼ねた研究テーマで、やや規模の大きな実験から始めなければならなかった。この実験は、他の3人の研究テーマにも必要な実験だったので4人で共同して行うことになった。そのために、早速、実験の打ち合わせや器具・器材等の準備、本実験の前の小さな規模での仮実験などに取り掛かっていたのだった。(・・・実験の様子や卒業研究を仕上げていく頃のことは、これまでの「今日の一曲」のなかでも何回か書かせていただいています。)

 

さて、ここから更に遡ること半年と少し前・・・ニューヨークのセントラルパークでは50万人もの人がそのステージに熱狂した。

観衆の中にはマイク内蔵のカセットテープ・デッキを肩に担ぐ人の姿も多く・・・その頃の時代を象徴するかのような人々の様子が映像や写真を伴って、それはテレビや音楽雑誌などで大々的に報じられもした。

 

1960年代に人気を博した2人組ユニットは1970年に一度解散、それから約11年振りとなる復活コンサートがこれだった。

〈サイモンとガーファンクルかぁ~。〉

〈なんか、とにかくスゴイなぁ~。〉

と、音楽雑誌やFMラジオ番組を紹介する雑誌など、その熱狂ぶりを伝える記事と写真に単純にも簡単に引き込まれていた。

冷静に当時を振り返ると、二人の名前と、代表的な楽曲・・・例えば、「サウンド・オブ・サイレンス(The Sound Of Silence)」、「スカボロー・フェア(Scarborough Fair)」、「ボクサー(The Boxer)」の数曲を聴いたことがあるといった程度だったのだけれど・・・ね(汗)。

この翌年の5月には世界ツアー・コンサートの一環で来日するとの情報も重なってだったと思うけれど、その後しばらくの間はこの話題に自身も含めて音楽の世界全体もやや興奮気味で、ラジオからも「サイモンとガーファンクル」の曲がよく流れてきて、一時の間に他の曲も色々と知るようになった。

 

「サイモンとガーファンクル熱」の余熱が冷めきらない秋のこと、大学の友人を通じて行くようになった霧ケ峰(長野県)近くの山小屋に一週間ほど連泊した。

いつもなら、夏休みや冬休み、それと5月の連休中に、大学の友人ら5〜6人と3泊ほどして過ごすのだったけれど、このときは一人でこの山小屋を訪れたのだった。・・・なぜなら、大学の授業も、学園祭前夜祭の大切な準備も担当していたのを放り出して来てしまったのだから・・・。後にも先にも大学をこんなにもサボったのはこの時だけだ。

その理由は、今回は触れないでおく(汗)。

 

この山小屋、長期のアルバイトさんは武蔵野美術大学出身の若手アーティストさんであるというのが続いていた・・・って、このときで二人目だけれど(笑)。

アルバイトさんも平日の昼間は結構自由な時間があったみたいで、連日、日中の間は、アルバイトさんとの音楽談義や芸術談義、人生談義を交わして過ごした。そして、これらがとても大切で貴重な時間に感じていた。

 

ちなみに、他にもお客さんは数組居たように想うけれど、日中の間は、皆、霧ケ峰周辺に散策に出掛けて山小屋に残る人はまず居ないのだった。

 

音楽談義の方はタイミング的にサイモンとガーファンクルのことも話題になって・・・

すると、アルバイトさん・・・、

「この曲なら、なんとかピアノで弾けるんだよね」

と言って、山小屋に置いてあったアップライトピアノで弾いてみせてくれた。

これに合せて、とても恥ずかしそうにしながら口ずさむようにではあったけれど、歌ってもくれるのだった。

 

When you're weary,feeling small,

When tears are in your eyes, I will dry them all,

I'm on your side.

When times get rough

And friends just can't be found,

Like a bridge over troubled water

I will lay me down.

Like a bridge over troubled water

I will lay me down.

・・・・

 

その演奏姿も手元や指先の動作は幾分か不自然で、ぎこちない動きをしているのだけれど、聴こえてくる音は曲として確りと成立していた。些か妙で不思議な動作の演奏者を目にしながらも奏でられる音の心地よさを味わっていたという感じだ。

日本語の表題では、「明日に架ける橋」。

聴いたことのある曲だった。

宿泊している間に何度か一緒に歌ったりもした。

・・・・・

 

さてさて、大学生生活4度目の4月に再び時を戻そう。・・・「卒業研究」の実験準備に加えて、6月には「教育実習」、夏は教員採用試験などの予定もあってこれらにも備えなければならなかった。巷では、サイモンとガーファンクルが5月には大阪と東京でのコンサートのために来日するというので、再びその話題が盛り返しつつあったが、どうやらここに構っていられる余裕などない・・・ことを自覚せざるを得なかった。

でも同時に、幾分か不自然で、ぎこちない動作でピアノを弾くあの美大出のアルバイトさんの姿とそのたった一曲が想い出されるのだった。

 

せめてもの慰めに?・・・レコード店へと。・・・大学生時代に立ち寄っていたレコード店と言えば、例の船橋市と習志野市の境あたりにあったレコード店のことだけれど、そこで手にした盤が、今回、98枚目にご紹介する盤だ。

「サイモンとガーファンクル(Simon & Garfunkel)」による1981年9月19日の復活コンサート「セントラルパーク コンサート(THE CONCERT IN CENTRAL PARK)」のライヴ・アルバムで、2枚組のLPレコード盤だ。・・・1982年の春先には日本でも発売されていたと思う。アンコールの2曲は除かれているが、本ステージで演奏された19曲とともにライヴ中のトークを含んでライヴのほぼすべてが収録されている。

実際にレコードプレーヤーに盤を置いて針を乗せると、観客の声や拍手までもが曲中にも及んで入り込んでいて、そこそこのライヴ感を体感できるのだった。

 

が へこたれて 憂鬱なときは

君の瞳に涙がいっぱいのときは

君の涙を乾かしてあげよう

君の味方だもの 

辛いときがきて

頼る友達もいないときは

明日に架ける橋のように

僕が身を投げかけてあげよう

明日に架ける橋のように

僕が身を投げかけてあげよう

・・・

(訳:小林宏明より)

 

現在に時を戻そう・・・。

当時、2度目に針を乗せたときにはカセットテープにもダビングをした。だから、この盤に針を乗せたのはせいぜい3~4回で、今回37年ぶりに針を乗せて聴いている。

が、あらためて19曲を順に聴きいているなかで、あの山小屋での光景と当時の心具合が想い出されてなのだろう、やはり、「明日に架ける橋(Bridge Over Troubled Water)」が聴こえてくると現在もまた心の拠りどころとして心地好さを運んできてくれるかのように感じる。

そこに、つい最近になって何年かぶりかで再び連絡を取り合うことができるようになった大切な友人への思いも重なるのだった。この曲の歌詞のまま、その友人に贈り届けたいような・・・。

そんなことを想ったりするのも、「復活コンサート」の・・・期待と再会のぎこちなさが入り混じったような特別な空気感と、それをも併せて一瞬のうちに輝きある演奏に感じさせる、このライヴ盤から聴こえる音ならではの魅力かも知れない・・・。

ちょっとキザだったか?。。。ん~、気取ってみたかったのだよ~、ナンテ(笑)。

 

第98回は 、「サイモンとガーファンクル(Simon & Garfunkel)」のライヴ・アルバム「セントラルパーク  コンサート(THE CONCERT IN CENTRAL PARK)」の2枚組LPレコード盤から、「明日に架ける橋(Bridge Over Troubled Water)」を、「今日の一曲」としてご紹介させていただいた。