今日の一曲 No.97:矢野顕子「雑踏」(アルバム「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」より)

「今日の一曲」シリーズの第97回です。

今回は前回(第96回:2019/06/09記載)からの続編になります。

そんなわけで、出来れば前回をお読みいただいた上でご覧いただけると好いかと存じます。

敢えて前回からの話の流れをその多くを簡略して申し上げるなら、「命の恩人」でもある「Y氏」と「S女史」ご夫妻から推薦いただいたRCサクセション「COVERS」と一緒に、ご夫妻が推薦するその理由を自分なりに解釈してこれに追加して買った盤が、今回、97枚目にご紹介する盤になります。そして、この盤から選んだ一曲とは・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(第96回(2019/06/09記載)の続編として・・・)

「S女史」からの伝言を伝える「Y氏」からのメールを受けて、早速、CDショップへと出かけた。

CDが並べられたラックを眺めながら店内を歩くも、僅かな時間だけで、お目当てのRCサクセション「COVERS」が置かれたラックの前へと辿り着いた。手に取ってジャケットやら帯を注意深く見つめて間違いのないことを確認する。

 

CDを手に持ったまま、幾らか顔を持ち上げて店内を見渡した。・・・ふと、考えていたことがあった。

それは再度、「S女史」からの伝言を想い返してのことで・・・、

〈それなら、忌野清志郎の作品を他のミュージシャンがカバーしたものを聴いてみるのも有りなんじゃないの?〉

と、自分勝手な解釈をしての考えだった。

忌野清志郎の作品をカバーしているミュージシャンもまた多くいることは承知しているが・・・、さて、それらが収録された盤となると・・・、と、考えていた割には、迂闊にも、この日はこうしたことを調べた上でCDショップに立ち寄ったわけではなかった。

が、さらに想い返して・・・

この数日前のこと、やはり「Y氏」からのメールの提案にあった動画サイトを幾つかチェックしているうちに、ふと、寄り道をするような感覚で、たまたま偶然に、ある別の動画サイトを覗いてみてのことだった。

〈あぁ〜、これこれ!〉

〈大泉洋(さん)と原田知世(さん)が主演の映画のエンディングにも流れた曲〉

と、心の中の声は・・・少し・・・はしゃぎ気味・・・、

それは、忌野清志郎と矢野顕子の二人のコラボレーション・ライヴを映した動画だった。矢野顕子の「ひとつだけ」という曲を、矢野顕子はピアノを、忌野清志郎はブルースハープを伴って二人で歌い上げている映像、・・・それを想い出した。

〈あぁっ、いいかも!〉

と思って、「イ」から五十音順にCDラックを辿って「ヤ」の周辺を見渡してみる。

〈おお!やっぱりありましたね!〉

もう2013年には出ていたCDだった。

 

そんなわけで・・・、

今回、97枚目にご紹介する盤は、矢野顕子のアルバム「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」だ。

アルバム・タイトルそのまま、忌野清志郎の作品と忌野清志郎が関わった楽曲を、矢野顕子ならではのアレンジでカバーした音たちが全11曲収録されている。・・・「500マイル」や「デイ・ドリーム・リバー」など忌野清志郎がもともと洋楽曲をカバーした作品を更に矢野顕子がカバーしたもの、「誇り高く生きよう」、「多摩蘭坂」、「恩赦」など忌野清志郎オリジナルの作品を矢野顕子がカバーしたもの、これらが収められている。もちろん、「ひとつだけ(矢野顕子 with 忌野清志郎)」もアルバムの11曲目に収録されている。

 

さて、今回も悩みました・・・この中からどの一曲を選んでご紹介するかを・・・。

ただ、このアルバムを聴く度に不思議と徐々に染み入ってくる曲があった。

 

Hum(Hey)~ 会いたい人がいるんだ

どうしようもなく ・・・

会いたい人がいるんだ

 

このフレーズを聴いて、聴くたびに泣きそうになる・・・。

これもオジさん化なのか、最近は明らかに涙腺が緩みがちである。

無性に誰か・・・会いたい人が・・・自分自身にもいるような気持ちにさせられるのだ。

〈また会えるかなぁ~〉

〈また会ってみたいよなぁ~〉

自身が無意識に誰かのことを想い出しているかのようにも・・・。

・・・・

アルバムの5曲目に収録されている「雑踏」という曲だ。

原曲は、忌野清志郎の作詞・作曲、三宅伸治も加わって創られた作品だ。

 

今年の春先は花粉症のことも影響してライヴ活動を控えていた。外出することも少なく、殆んどは独り部屋に居ながら作業を進めていた。・・・だからなのだろうか、そんな心境とオーバーラップしたのかも知れないのだけれど、聴こえてくる音たちが妙に胸奥に染み入ってくるのだった。

 

雨の音で 歌が作れたなら

かわかないうちに 君に贈らなくちゃ

雲にのせて 君の傘の上に

・・・・

 

独りで進める作業のその間は・・・

〈届けたい・・・〉

〈贈らなくちゃ・・・〉

と、そんな少々欲張った想いも自身の内側には常にあって、これを抱えながら、でもこれを抑えながら、曲創りをして、ライヴを企画して、歌い演奏するための準備をしていて、こんな想いとも重なって、音粒が身体へと余計に入り込んできたのかも?・・・なんてね、オジさんがガラでもないな(笑)。

 

Hum(Hey)~ 会いたい人がいるんだ

どうしようもなく ・・・

会いたい人がいるんだ

 

もちろん、「音たちの力」だと感じる。

矢野顕子のピアノ・アレンジ、矢野顕子独特の歌声と歌いまわしがあって・・・、またそこに、忌野清志郎独自のメッセージ性とそれを届けるエネルギーが息づいているからで、これら共鳴し合う条件が揃ってこその音なのだと、あらためてその「音たちの力」について考えさせられもした。

 

そして、このフレーズが、またしても頭のなかをぐるぐると繰り返し巡るのだった。

 

さあ、音楽活動のモデルやメンターとなり得る人物・存在を探り捜すのも、ここまでだ。

結局のところ、わたくし、愛間純人が進もうと想い描いている音楽活動に照らし合わせては、モデルまたはメンターとなる人物・存在を特定して挙げることはできない。むしろ、これまでに聴いてきた音楽とそのミュージシャンたち、各地のライヴハウス等で出会ってきた人たちやそこで歌い楽器を奏でる音楽仲間たち、その全てが欠かせない大切なものになって、愛間純人という人間の思考から行動を突き動かしているように思える。

当然、「武満徹」と「忌野清志郎」の二人を辿りながらの日々も、なかなか面白かった。これからも心の内の何処かでは彼ら二人を感じながら音楽と関わっていくと思う。そう、少なくとも、前回に書いたことだけは変わらず持ち続けたいものだ。またそうなるように音楽活動を続けて、生き続けたいと思う。

 

第97回の「今日の一曲」は前回からの続編として、忌野清志郎を辿るなかで出会った一枚の盤・・・矢野顕子のアルバム「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」より「雑踏」をご紹介させていただいた。

 

*前回に続き、「Y氏」と「S女史」ご夫妻には心より感謝申し上げます。