今日の一曲 No.96:RCサクセション「風に吹かれて」(アルバム「COVERS」より)

「今日の一曲」シリーズの第96回です。約1ヶ月ぶりの投稿になりますが、理由はお分かりですね~。

さて、今回ご紹介する96枚目の盤とそこに収録された一曲は、第89回(2019/03/26)の最後の一行に記した「約束」を随分と長く放置したままにしてしまったので、皆様も私も忘れないうちに(もう忘れているでしょうけれど(笑))、そろそろ「約束」を果たす意味でも書いておかねば…との思いからご紹介する音楽です。

もともとは今年の春先に、ある人からのご指摘を受けて、音楽活動のモデルとすべき人物あるいはメンターとなり得る存在を探すところから始まったのでした。では、そのあたりの話から・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

恐縮ながら、私なる者は、音楽活動のモデルとなる人物あるいはメンターとなり得る存在を特に持たないまま現在も音楽活動をしている。ここに至ったことについての自己分析は、第89回だったかその少し前のどこかの回で書いたので、ここでは省略させていただく。

が、今年の春先頃は・・・、

せっかくの他人様からのご指摘を受けてのことだったので、念のためと思い、モデルまたはメンターとなり得る人物を探してみることにした。そう、探ってみるだけは探ってみることにしたのだ。

それで、どうにかこうにか上がってきた人物が、「武満徹」と、もう一人は「忌野清志郎」で、彼らの楽曲や音楽作品だけでなく、彼らが音楽以外の場で取り組んできたこと、如何なる考えや思考の持ち主であったのかも含めて、勉強と言っては大げさかも知れないけれど、二人の人物についてあれこれと調べていた。

 

「武満徹」については、この「今日の一曲」シリーズでも第89回だけでなく他にも数回に渡って紹介して触れてきた。

それで、その第89回の最後の一行に書いた「約束」というのは、・・・「忌野清志郎」についてのことだ。

 

モデル・メンター探しについては、ご指摘くださった方とは別に、ある人にも相談をしたのだった。

その人は・・・、私が音楽活動を始めようとしたき最初に背中を押してくれた人であり、私が病気を抱えて本当にどうにもならなくなって多くの人達が離れていって、それは親族を含めても離れずに居てくれた人間が片手で足りるくらいになったときでさえ、他人でありながら変わらず交友関係を続けてくれた人で、大げさではなく「命の恩人」と呼べる人だ。

ここでは、この「命の恩人」を「Y氏」と呼ばせていただく。

 

この「Y氏」が尊敬している人物の一人が「忌野清志郎」なのである。

私が尊敬する「Y氏」、その「Y氏」が尊敬する人物を辿るのは重要なヒントでもあり、大切なことに思えた。

それで、「Y氏」にメールを送信、相談した。

すると、「Y氏」からすぐに返信があった。・・・普段は「馬の話」以外で直ぐに返信があることなど滅多にないのにね~(笑)。

そこで早速、「Y氏」のメールの指示通りに、「忌野清志郎」または「RCサクセション」に関する動画を5本ほどチェックして、さらに数日のうちには書店へ行って忌野清志郎著の「瀕死の双六問屋」を注文をした。この「瀕死の双六問屋」は「Y氏」からのお薦めではCD付きの単行本の方だったのだけれど、残念ながら取り寄せることが出来ないという事実が判明、文庫本の方を注文した。

すると、その同日の夜に再び「Y氏」からメールがあった。

「Y氏」とツレそう「S女史」からの伝言を伝えるメールだった。

実は「S女史」、「忌野清志郎」の熱烈なファンという程度では収まらないほどの・・・人生上の何やらすべてを超越した存在に「忌野清志郎」を認めていらっしゃる方で、ファン歴としても「Y氏」よりもさらに長いのだそうだ。

こんどは「S女史」の助言にしたがい、翌日にはCDショップへと足を運び一枚のCDを購入した。

 

このCDが、今回、96枚目にご紹介する盤だ。

RCサクセション、アルバム「COVERS」・・・忌野清志郎およびRCサクセションが洋楽曲をカバーして、その全11曲を収録したアルバムだ。このアルバムは、1988年に紆余曲折を経て発売された盤としても有名であるけれど、私が購入した盤は最近再版された最新のリマスター盤CDだ。

この「COVERS」推薦の理由には、「Y氏」も「S女史」も、私の音楽に対する向き合い方、私の人生の歩み方を思いやってくれてのことだったようだ。

「特定の誰かに、特定の物事に、影響されているところがないのが、愛間純人でしょ」

って・・・ね。

それで私への参考書とすべき盤は、忌野清志郎自身から直接的に生まれた楽曲たちよりも、むしろ少し距離を置いたカバー曲を聴いてもらう方がいいのでは?・・・ということになったらしいのだ。

で、あるのなら・・と思い、実は私、自己判断でもう一枚別のCDを追加で買ったのだ。その話はまた次回にしよう。・・・って、また新たな約束をしてしまったなぁ~(笑)。

 

さてさて、「今日の一曲」シリーズの更新が約1ヶ月間も無かったのは、5月31日(金)の準備だけで精一杯だったこともあるのだけれど、「COVERS」の全11曲の中から、どの1曲に絞ってご紹介しようか、なかなか決められずにいたからでもある。

「シークレット・エージェント・マン」、「ラヴ・ミー・テンダー」、「サマータイム・ブルース」、「イマジン」・・・などなど、どれもがメッセージ性と面白みに富んだカバーで・・・。

またそれは、書籍「瀕死の双六問屋」を読み終えてからの心境で選ぶ方がいいのかなぁ~と考えていたことにも依る。「瀕死の双六問屋」は注文してから約10日して届いた。面白過ぎて2日間で読み終えて、また再度2日間で読み返した。・・・忌野清志郎ファンには叱られるかも知れないが、ある面、この「今日の一曲」シリーズと似た面もあるなぁ~と感じる本だった。で、読み終えたのではあるけれど、それも2度、そして、この間を含めてその後も「COVERS」全曲を何度も繰り返し聴いていたのだけれど・・・、なかなか1曲に絞り込むには至らず、他の盤と一曲を紹介しているうちに、5月31日(金)の準備に没頭せざるを得なくなったというわけだ。・・・ま、言い訳だ。

 

ただ、春先からの数ヶ月、徐々に、私めの頭の中でそのフレーズがぐるぐると巡ることが多くなった曲、私の頭の中での再生回数が多くなった曲は・・・

 

どれだけ遠くまで歩けば 大人になれるの?

どれだけ金を払えば 満足できるの?

どれだけミサイルが飛んだら 戦争が終わるの?

その答えは風の中さ

風が知っているだけさ

・・・

 

原曲は、ボブ・ディラン(Bob Dylan)の「BLOWIN' IN THE WIND」。

この曲、個人的にはPPM(Peter,Paul and Mary)(第74回に記載)の歌と演奏で聴いたのが最初で、小学生の頃だったと記憶している。

これを原曲に、忌野清志郎による日本語歌詞のアレンジ(和訳ではない)と、RCサクセション流のサウンド・アレンジが施されて、アルバム「COVERS」では「風に吹かれて」という表題で2曲目に収録されている。

 

アルバム全体を通してまず感じたことは、「カバー」というものをどう捉えて演奏しているかだった。原曲への尊厳や愛着を持ち合わせながらも忌野清志郎には忌野清志郎にしか生み出し得ない世界が常に存在しているってことだ。・・・こんなこと、「Y氏」や「S女史」に言わせたら、何んとも浅はかな感想でしかないのだろうけれど・・・。

でもこれは、「武満徹」とも共通している。「武満徹」はオーケストラ曲もギターやフルートなどの器楽曲も、すべて独学で作曲法や編曲方法を探って挑んできた人だ。

「忌野清志郎」と「武満徹」の両者には、音楽への純粋なる尊厳を持ち合わせていることに加えて、その人にしか生み出し得ない世界とそれを創造するエネルギーが常に存在している。

 

どれだけ強くなれたら 安心できるの?

どれだけ嘘をついたら 信用できるの?

いつまで傷つけ合ったら 仲良くできるの?

その答えは風の中さ

風が知っているだけさ

・・・

 

「忌野清志郎」と「武満徹」の両者を辿ってみて・・・まだまだ奥深いところまでには至らないのだけれど、この両者に決して恥じない音楽活動を続けていこうと、それだけは強く思った。

特に自身でプロデュースしている「ほっと楽しやハートライヴ」と「教育を語りあおうよ音楽Cafe-Barで」については、これらを誠実に続けていくことの覚悟を強くした。

そりゃぁ~簡単じゃない。現状、ご来場いただいた方には大いに満足してもらえている様子がありながらも、世間様多くの方とはまだまだ距離が遠い。その現実を見つめて自分自身ができることを一歩一歩、常に現時点で持ち合わせているもの総てを注ぎ込みながら挑み続けていくことを、あらてめて決心させてくれた。・・・そんな両者の生きざまに触れて感じることはできたように思う。

 

どれだけ風が吹いたら 解決できるの?

どれだけ人が死んだら 悲しくなくなるの?

どれだけ子どもが飢えたら 何かができるの?

・・・

 

この曲の後半で子どもたちのコーラスがさらに加わって聴こえてくると、なんだか目頭が熱くなってくる。

 

この春からは、完全に音楽を専業に生きている。

そんなターニングポイントに寄り沿ってくれている、忌野清志郎、RCサクセションのアルバム「COVERS」より、「風に吹かれて」を、「今日の一曲」の第96回としてご紹介させていただいた。

 

尚、「Y氏」と「S女史」夫妻には、この機会を与えてくださいましたこと、心より感謝申し上げます。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Y氏より (水曜日, 12 6月 2019 12:08)

    ロックの日にこれをUPするなンて,愛間純人,最高だぜ,ベイビー!!

  • #2

    愛間純人 (金曜日, 14 6月 2019 20:40)

    >「Y氏」さん(笑)
     あなたなら、そこに気づいてくれると思っていました!!
     5月中には載せられないと思ったときから、6月9日には載せると決めていました。