今日の一曲 No.93:フィル・コリンズ(Phil Collins)「Only You Know And I Know」(アルバム『No Jacket Requied』より)

「今日の一曲」シリーズの第93回です。

93枚目にご紹介する盤とその一曲も、前回(第92回)で語らせていただいた・・・社会人駆け出しの頃に出会った音たちです。語らせていただいた通り、その当時、理不尽としか思えない出来事に痛い目にもあってコケてしまったわけですが、その後に幸運にも何とか起き上がるチャンスをもらったのでした。では、新社会人の皆さんへのエールとして語った前回の続編っぽくもなりますが、今回ご紹介するLPレコード盤に今またレコードプレーヤーの針を乗せて、いつものように当時へと遡って諸々語らせていただこうかと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アルバイトを3件、時には4件を掛け持って、

「どん底だなぁ~」

と、そんな言葉を、ため息混じりに何度吐き出したことだろう、そんな社会人2年目も終盤、3年目を迎える少し前になる頃、突然、風向きが変わり始めた。

社会人1年目に私めが務めていた職場では現場の上司そのトップの交代が噂されていた。モノ凄いやり手な人物が新たにその職責に就くというのだ。

噂は現実になった。

1年目のゴタゴタの最中そっと蔭で支えになってくれていた数少ない同僚・先輩たちが、このタイミングで援護をしてくれたこともあって、元の職場に呼び戻される形となった。この新しい上司の下での復帰が許されたのだった。

私にとっては、真に救世主とも言える上司との出会いであり、またそれは、この職場全体を救って生まれ変わらせた人物のその仕事ぶりと姿勢を知る・・・現在から振り返っても、人生の貴重で幸運な日々にあったと言える・・・そのはじまりだった。

 

さて、こうして戻った職場は早々に次々と変化していった。

無意味な派閥争いを仕掛けていた言わば主犯格数人が一掃されるのも予想以上に早かった。どんな手を使ったのやら、当時の若ぞうなんぞが知る由もないが・・・(恐・汗)。

けれども職場には、「心を入れ替えましたぁ~!」ようなふりだけしている、主犯格に継いで金魚の糞のようにくっ付いていた連中が残党のごとくまだ何人かいたから(言葉が雑で恐縮です、一種の感情表現です)、この人間たちからしたら出戻ってきた若ぞうの存在はやはり面白くなかったのだろう・・・僅かにでも、それがミスなどと言えるものではないにしても、スキあらばチクチクと攻撃してくるのだった。そんなまだまだ妙な緊張感が漂っていた。

 

現場のトップとして着任した新しい上司は、仕事に非常に厳しい人で、仕事の成果(結果だけではなくて過程も含めて・・・という意味)それ自体に対する要求は常に高いものだった。

 

はじめの半年くらいまでは、よくこんなふうなことがあった。・・・その残党のごとく残っていた数人からチクチクと攻撃されている私の様子もその新しい上司は逃さず見ていて、その度ごとに直ぐさま私めの方だけをその上司の執務室なる所へ呼び出すのだった。

《どうやってその業務を進めれば、よりスムースに事を運ぶことができたのか?・・・》

《高い成果を上げるために、何が肝心なことで、どんなことが鍵であるのか?・・・》

それは厳しく、迫力をもった言葉で指摘されるのだったが、常に、具体的な対応策や方法、物事一つひとつに対する姿勢や考え方まで丁寧に説明がされるのだった。

そして・・・、

「そうは言ってもなぁ~、細かい事をいちいち気にするものでもないぞ。」

「思いっきりやれ、若いんだ思いっきりやるんだ。」

と、説教タイムの終わりには、顔の表情を緩ましてそう声を掛けてくれるのだった。

 

この上司にあったのは、「厳しさ」、「迫力」に加えて、「ユーモア」を決して欠かさないことだった。

 

説教タイムの積み重ねもあって、実際に仕事の成果は自分自身で自覚できるほど(・・・こう書くと手前味噌っぽくもなるけれど)、みるみるうちに周囲から一目置かれるようになっていった。

それは、ほぼ同世代の同僚たちも同様で、職場は、若ぞうどもが成果を上げはじめるものだから、先輩らベテラン組も含めて互いが刺激あって切磋琢磨していく空気が出来上がっていった。1年も経過すると、残党のごとくそこに居た人の中には真に心を入れ替えた人もいたように思う。また、そこまで変わらない人間も私など若ぞう連中を意地悪くチクチクと攻撃するようなことはなくなっていった。

 

これもいつものことで、前置きが長くなってしまったようだけれど・・・、

今回ご紹介する盤とその一曲は、たった一人のリーダーが交代しただけで自分自身も周囲も変化しつつある光景を目の当たりにして、それは疑いと希望とが入り混じった・・・そんな心境と重なった「今日の一曲」だ。

ところで、これまでも1980年代の音楽に関して触れるとき、・・・コンピュータ技術の目ざましい発展とともに、特にシンセサイザーがその代表的な手段の一つとなって様々なサウンドが試された時代であった・・・などのことを書かせていただいてきているけれど、今回ご紹介する盤も1985年に出された盤で、これらのサウンドが目一杯詰め込まれているアルバムと言っていいだろう。

 

フィル・コリンズ(Phil Collins)の3枚目のアルバム「No Jacket Requied」だ。

もちろん、当時のLPレコード盤だ。

アルバムに収録された曲のうち、シングルカットされた「Sussudio(ススーディオ)」、「One More Night(ワン・モア・ナイト)」、「Take Me Home(テイク・ミー・ホーム)」は、全英、全米で大ヒットした曲で、日本でも大いに注目を浴びた。

 

もちろん、私めも当時のそんな音楽ファンのひとりであったということになる。

当時の私めの感覚でしかないのだけれど、・・・エレクトリック・サウンドが、そのサウンド色も、サウンドアレンジも多種多様なサウンドとなって生み出され、多くのミュージシャン、様々な分野のアーティストたちがこれに挑み続けている中にあって、これらエレクトリック・サウンドに見事にマッチした声をもつヴォーカリスト・・・その意味で強く惹かれるようになったのが、フィル・コリンズだった。

 

最初に印象的に耳に飛び込んできたのは、やはり、「Sussudio」や「One More Night」だったように想う。

少し聴きかじった程度で、スーッと英語の歌詞が分かるほど語学が堪能であるということでもないので、ホント、その音楽のアレンジとサウンド感、そして、フィル・コリンズの声質だけでの印象だったはずで・・・、加えて、前回から続けて今回もまた語らせていただいているような、社会人としてスタートした途端に経験したあまりに多くのあれこれで、ナチュラルな音よりも少々刺激的なサウンドを求めていた・・・これらが合わさって惹かれていったのかも知れない。

それで、例の物静かそうなオジさんが独りで営んでいる近所のレコード店へ行って、この盤を買ったように想う。

 

実際に、盤に針を置いて聴くと・・・

(それは、当時はまだインターネット社会ではなかったからこその楽しみ方の一つで・・・)

シングルカットされていない・・・それまでに聴いたことのなかった楽曲の新鮮さの方に惹きつけられるようなことも多くて、盤に収録された楽曲を順に聴いていくうちに、「おっ、これもイイねぇ~・・・」となる。

A面、B面・・・と、盤を返し返し、繰り返し聴けば聴くほどそのどの楽曲も、「面白いっ!」となるのだった。

 

そのうちに、歌詞カードをざっくりと眺めてから曲をあらためて聴くようになると・・・

まぁ~、軟弱っぽい男が愚痴った感じの、でもある意味正直な感情が溢れ出ている歌たちが並んでいることに気付くわけなのだけれど、・・・それは脚本家で映画監督のジョン・カーニーが書いたセリフで「フィル・コリンズを聴くような男は女にモテない・・・」・・・みたいなことも想い出させるのだけれど、A面の2曲目に収録された楽曲は少し違う解釈をして聴くようになったのだった。

 

その楽曲中の歌詞は、男女が互いに口喧嘩や皮肉めいた言葉でやり取りされる情景を想い浮かべさせるもので、だけれども・・・

Couse only you know and I know

The things we mean to say

Only you know and I know

The things we mean to say

・・・というサビの部分で、その前までの情景が一気にひっくり返されて・・・「遠慮なく何でも言葉にし合える」、「深いところで信頼あっているからこそ好きに交わし合える」・・・そんな間柄なのだと想わせてくれる歌詞に想って聴くのだった。

もちろん、当時の私めの心境と私めの頼りない英語力での解釈であって、本当は違うのかも知れないよぉ~(汗・笑)。

(*英語力のある方なら、おそらく、「俺たちが交わし合う言葉なんて、結局は君が勝手に想ったようにしちゃうんだよねぇ~」・・・のような、投げやりなやり取りの解釈になるのかと、実は思っている。)

 

この曲を最初に聴いて、こんな(平和的な)解釈でもって繰り返し聴いていたその頃は・・・、

その新しいリーダーの下、それはスピード感を伴って職場環境もそこで仕事をする人たちも次々に改善がされて明らかに良い方向へと変わっていったのだけれど、時間的にはようやく3~4ヵ月が経過した程度でもあり、くすぶっている何かを感じながらで、その不安感や警戒心を完全に解くまでには・・・ん~、まだまだ成れないでいた頃でもあった。

だから、この先の色んな事に期待やら希望を抱ながら、人と人とが心底から信頼し合って、意見や考えを遠慮なく交わし合える理想を、この曲のサビのフレーズから、ふと勝手に想い描いていたように思う。

もちろん、当時の若ぞうだものな、そんな男女間も「イイなぁ~」だなんてお気楽な理想も混じっていたと思う(笑)。

 

さて、この、フィル・コリンズのアルバム「No Jacket Requied」のA面の2曲目に収録された「Only You Know And I Know」は、テンポの速い曲で、シンセサイザーやシンセドラムを含めてエレクトリック・サウンドを前面に、そこに切れ味鋭いフォーン・セクションのサウンドが入り込まれて、スピード感と迫力のあるこれらのサウンドとともに、フィル・コリンズ独特の歌声が重ねられていて・・・、でもこれが、少々乱暴なやり取りを想い浮かばせるAメロの歌詞にも、その後に続くサビにある歌詞のその言葉がもつ響きとも一緒になって、(その解釈がどうであれ)痛快さと爽快さを運んできてくれる・・・そんなふうに当時は聴いていたのだった。

 

そう、社会人として、「スタートラインに立てたぁっ~!」と感じられるようになったのは、この社会人3年目もようやく終盤になってからだった・・・そんなように記憶している。

 

「最初が肝心」とか、「石の上にも3年」という言葉があるけれど、ただ単に、最初を大切にとか、最初は丁寧に慎重にとかではなく、また、ただ単に、まずは3年間くらいは経験してみろ、ということではない気がする。

「最初こそ芯もって誠意をもって取り組まないと、ただ勢いのあるものに流されてしまうようでは何の意味もないことになってしまうよ」、「どんなに立派で優秀であっても、または一見不出来に思える者も、本当にそこに立てるのは3年が過ぎたくらいからで、そこからその先どうするかが大切だよね~」・・・という意味に思えてくる、ナンテね。

そして、でも、ここに欠かせないのが、「ユーモア」かと・・・。

 

当時の若ぞうが、散々、人間関係に痛みを感じてきながらも、その後に、信頼関係が育む強さを目の当たりにしながら、当時の最新のサウンドとそこに見事までに融合したヴォーカリストの歌声に誘発されて、でも、それは、希望と理想を、たとえ妄想的であっても、爽快さまで届けてくれた音楽で、・・・そんな、フィル・コリンズのアルバム「No Jacket Requied」に収録された「Only You Know And I Know」を、「今日の一曲」の第93回として、93枚目にご紹介する盤とともにご紹介させていただいた。

 

新社会人の皆様へ、前回と重なりますが・・・、

あらためて、よきスタートをと、本当に、本当に、心より願っております。

足を地に着けながらも、理想は描いて良いかと、・・・そんなことを思ったりもします。