今日の一曲 No.85:大黒摩季「あぁ」(アルバム「POWER OF DREAMS」より)

「今日の一曲」シリーズの第85回です。第83回、第84回と続けて「夏」をテーマに取り上げてきたので、今回もその流れで書かせていただきます。

当時は30歳代半ば、それは現在から振り返ってみても新たなチャレンジに満ちた充実した日々であったように思う一方、引き換え条件のように「選択と責任」という重さを、無自覚でありながら、どこかで感じていたのかも知れません。そんな頃のある年の夏、大黒摩季のCDアルバム「POWER OF DREAMS」が発売されて、それを繰り返し聴いていた記憶が今また想い出されます。それでは、いつものように、特別な一曲をご紹介しつつ諸々書かせていただくことに・・・。

-------------------------

やっぱり夢を叶えたい

このまま終わりたくない

目の前の現実は厳しすぎるけど

もう一度だけ賭けてみよう

 

あまり詳しく書くと、彼女、彼らのプライバシーもあるので、そこそこにさせていただくけれど・・・、当時、上の娘(長女)がちょうど小学校に入学して、妻は近所で半日ほどパートをしながら入学したばかりの娘の学校関係(P.T.Aなど)のことなどで忙しくしていた。この頃はまだ妻も元気に動き回っていた。平日の私は、下の息子(長男)を出勤前に保育園へと送り届けると、1時間半以上かけて都心への通勤を繰り返していた。

そう、(これまでもこのブログに書いてきた)「救世主」とも言える上司に拾い上げてもらって業界のノウハウを叩き込まれながら育ててもらった職場は、その上司が退職されて4年が過ぎたところで、自身も思い切って新しい仕事へと飛び出していたのだった(他にも理由はあるのだけれど今回は省略させていただく、またいつかね~・・・)。

新しいと言っても、それまでの業界に類する業種で、11年間をかけて培ってきたはずのノウハウは新しい職場で十分に試すだけのチャンスをもたらしてくれていた。

そのチャンスと新しいチャレンジは、この新しい職場に就いて2年目には重責を担う一人に加えてもらって、3年目には、その部門まるごとの業務遂行と関係する人事までを含むほぼ全権が与えられた。

つまり、

「お前の好きなようにやれ!」

ということになった。

もちろん同時に、

「お前が全責任を負え」

でもあるのだけれど・・・。

 

ところが、不思議と、こういうところに私のラッキーさがある。最高とも言えるようなメンバーが揃って、最高とも言えるチームワークで次々と実績を重ねることができた。全権を任されて1年で、社として、それまでになかった結果(その業界が重視するところのという意味)を出すことができた。

 

 

人はどちらにつくかで見方が変わってしまう

あれは身を引いたのか

それとも逃げ出したのか

 

 ここまでで、

「現在の愛間純人からは想像できな~い」

などと思って、読まれている方もいらっしゃるかと思う。が、こんな競争し合うような結果主義の真っ只中にいたこともあるのだよ(汗・笑)。

 

さて、全権をもらっての2年目。

成果を上げた1年目以上の結果が求められる。

「もっと新しい何かを導入する必要性は?」、「この部分はもっと改善できるのでは?」などと考えていると、遂、遅くまで残業する日も多くなっていた。それは、きっと、はっきりとは目には見えないのだけれど、ひしひしとどこかで感じる重圧(プレッシャー)から無理やり掻き立てられるようなもので、ストレスもあったと思う。

特に、夏から秋にかけては何かと神経を使う業務内容も多く、一つの重要な鍵を握る時期にあった。

 

やらなきゃいけないことばかり

やりたいことつのるだけ

このままでいいのかな・・・

何もかもが不安に変わるよ

 

そんな1997年の夏、あるCDアルバムがリリースされ、それを手にしていた。

どこかで感じる重圧やらストレスを跳ね返してくれるような音楽たちが全14曲収録されているアルバムだった。

大黒摩季、アルバム「POWER OF DREAMS」だ。

 

例の実家近所にある物静かそうなオジさんが独りで営んでいるレコード店で買った。その頃、家族で住んでいた自宅からは少し離れていたのだけれど、孫に夢中になっている両親がいる実家に家族4人で行くことも度々で、そのついでに例のレコード店に立ち寄っていたというわけだ。私が小学校高学年の頃から通っていたレコード店、「物静かそうなオジさん」も、この頃はもう、「物静かそうなおじいちゃん」な感じだった。

 

このアルバムも、1曲に限らず何曲も紹介したくなる。

収録されている14曲の中には、この前年にNHKのオリンピック放送番組テーマ曲になっていた「熱くなれ(album version)」、アルバムタイトルを単数形で表して曲名にしている「Power Of Dream」、アニメの主題歌か挿入歌になっていた「空」、それと、個人的にはこの曲からも力をもらっていたのだけれど「ゲンキダシテ」など、やや重厚なロック調のサウンドに、大黒摩季のパワフルな歌声、これらに乗って力強さと繊細さの両面を配置した歌詞たちが、身体の奥にまで届いてくるような音楽が並べられている。

で、あえて、そこから更なる一曲を挙げるとすると(いつも御断りさせていただいているが、あくまでも個人的な感想だ)、 

「あぁ」

という曲が、当時、もっとも支えになってくれていた一曲だ。

アルバムの4曲目に収録されている。アルバムに収録された曲の中では、重厚なロックというよりは、ミディアムテンポで少し穏やかで優し気なポップス感もあるサウンドのロックということになるだろうか・・・。

 

あぁ 君のように貫いてみたい

どんなに遠回りしても迷わない君のように

あぁ もう逃げないで この今を乗り越えてみよう

正しくても 間違いだったとしても

いつか笑えるように

 

「結果(数字)を出したい!」と考えすぎて一度は視界が狭くなるのだけれど、ふと、何かの拍子に、再び視界が拡がるときが訪れる。それは以前よりも確実に広い視野で物事を見渡せるようになっている場合が多い。

結局のところ、何をするにしても、何か新しいことを始めるにしても、重要な鍵は、

「何を成し遂げることが一番大切か」

(数字も無視はできないけれど、成し遂げたい内容や中身の方が大切)

で、

「それを成し遂げるにはチームワークの力」

だ。

そのチームワークは、

「どんなメンバーが揃うのか」、

「メンバーの能力が発揮できる適材適所への配置ができているのか」

が重要であることは至極当然でもあるのだけれど、もっと重要なことは、

「職場にユーモアと笑顔があるか」

だ。

これらは全て、前の職場でお世話になったあの「救世主」の上司が常にしていたことで、教わってきたことだ。

「これらの軸から反れてしまってはいないか」を注視して、チームワークで事に当たること以外、他にどんなに蘊蓄を語り並べてみたところで、方法はないのだと気付かされるのだった。

 

30歳代半ば、仕事上でもそうだけれど、一家その家族を養う者として一人前の顔を装いはするけれど、その「選択と責任」の重さが常につきまとう現実を受け止める者としては、当時はまだまだ初心者の部類であったと思う・・・もちろん、現在から振り返ってみるからそう感じるのだろう(笑)。

そんな、初心者が「選択と責任」の重さを迫られる日々に、心の中で繰り返し歌い続けていた曲、それが、大黒摩季の「あぁ」という一曲だ。

 「あぁ」の歌詞にある「君」という存在は、当時、私にとっては、きっと、あの「救世主」の上司だったのだろう・・・。