今日の一曲 No.79:グリーグ作曲「ペールギュント組曲」(ノイマン&プラハ交響楽団)

「今日の一曲」の第79回です。

この音楽好きは、70歳を越えて今も現役の洋服職人を続ける叔父あってのことです。叔父の影響を受けながら幼少の頃に聴いていた音楽のことは、これまでも書いてはきましたが、今回、79枚目にご紹介する盤に収録されたその一曲も、こうして4〜7歳頃の間にマイブームとなった一曲です。では、これらとも絡めながら書かせていただこうかと思います。

-----

「禁じられた遊び」(第30回:2017/05/04)、「エデンの東」(第31回:2017/05/09)などの映画音楽・・・、

「トロイメライ」(第47回:2017/09/01)、「ハンガリー狂詩曲 第2番」(第51回:2017/10/06)などのクラシック音楽・・・、

これらは、洋服職人の叔父が、幼少の頃の私が住む家に遊びに来ては置いていってくれたSPレコード盤に収録された音楽で、3・4歳頃から小学校の低学年だった頃にかけてマイブームであり続けた音楽たちだ(これまでの「今日の一曲」に記載してきた通り)。

 

こうした幼少の頃のマイブームは、まだまだ他にもある。

その中の一曲・・・、

これを、叔父は置いていってはくれなかった・・・。

鮮やかな青色をしたLPレコード盤だった。

 

だから、叔父の家(母の実家と隣接した部屋)に遊びに行っては、この鮮やかな青色をしたLPレコード盤がまずは見たくて、よく叔父にせがんでは盤を出してもらった。もちろん、鮮やかな青色の盤がプレーヤーの上で回転する様子を見ながら、その音楽を聴いた。

 

グリーグ作曲、「ペールギュント組曲」。

 

4歳くらいだったけれど、当時は、作曲者名と題名を記憶することだけは優れていたようだ(笑)。

 

後々、小学3年生くらいになってから知ったことだけれど・・・、「ペールギュント組曲」は1つの楽曲ではない。

ノルウェーの劇作家イプセンの詩劇『ペールギュント』の上演にあたって、同じノルウェーの若き作曲家だったエドワルド・グリーグが劇の場面に合わせて23曲を作曲したのが元々らしい。

グリーグはこの後、これら23曲の中から演奏会用に4曲ずつ選んで2つの組曲に編んだ。

「ペールギュント第1組曲 作品46」と「ペールギュント第2組曲 作品55」

・・・というのが、どうやら正式らしい。

第1組曲は、「朝」、「オーゼの死」、「アニトラの踊り」、「山の王の宮殿で」の4つの組曲で構成されいる。特に「朝」は、小学校の朝礼前に流されていたり、時折CMのバックにも使われて耳馴染みの人も多いかも知れない。

第2組曲は、「イングリッドの嘆き」、「アラビアの踊り」、「ペールギュントの帰郷」、「ソルヴェーグの歌」の4つの組曲で構成されている。

 

叔父のLPレコード盤も第1組曲と第2組曲が続けて収録されていた。だから、8つの場面をイメージさせる8つの組曲が並べられていると思い込んでいた。私の中では、「ペールギュント組曲」は一つの楽曲という認識でしかなく、幼少の頃に刷り込まれてしまったこの認識はどうやら拭えそうにない(汗)。

 

叔父は洋服を仕立てるその手を休めては、「ペールギュント組曲」を幼い私と一緒に聴きながら詩劇の物語も語ってくれた。

どうやらイプセンの創作した内容通りではなく、その一部を改編して組曲の構成と幼い私に合わせて、分かりやすく、面白くアレンジして聞かせてくれていたようだ。

 

中でも・・・第1組曲の「山の王の宮殿」は印象的で、その度にワクワク、ドキドキしながら音楽と叔父の語りを聴いた。

怪しげな旋律が小さく鳴ってはじまる曲、それが曲の進行とともに徐々に大きくなってその怪しげさが増大していく・・・この音楽の進行に合わせて、主人公のペールが森の奥、山の魔王の住む宮殿へと向かっていく・・・その途中では、魔王の娘と出会ったり、怪しげな動物と出くわしたり・・・、大きな木々にも覆われた薄暗い森の雰囲気も演出しながら、ゆっくりと静かに語られる・・・。

 

叔父が語る物語と、グリーグの音楽を、絵本のページを少しずつ捲っていくような感覚で、きっと、自分でも想像力をフル回転させていたのだと思う。それは4歳頃から小学校の低学年頃までの間、回数を重ねれば重ねるだけ想像の世界は拡がっていって、より彩り豊かで繊細に描かれた絵本になっていったように記憶している。

 

こうして、幼少の頃から音楽を聴いては常に何かしらの映像も同時に頭の中で描くようなことが癖になっていった。

「標題音楽」の方が映像化するのは容易ではあったのだろう、どうしても小学生のうちは自然に「標題音楽」を聴くことの方が多かったように思う。小学校の高学年くらいから、徐々に、「標題音楽」も、そうでない「絶対音楽」なども、無知なことに併せてそこに隔たりは元々無かったから、どんな音楽の映像化も自由に楽しむようになった。

後に、中学生、高校生、大人になった現在も、音楽の映像化癖は常だ。でも、幼少の頃の方がずっうと自由度があったかなぁ〜・・・(笑)。

 

さて、叔父が所有する鮮やかな青色をしたLPレコード盤に収録された「ペールギュント組曲」が、誰を指揮者に演奏したオーケストラかなどは記憶に全くない。いつか叔父に確認してみよう。

現在手元にある盤は、中学生になってから手にしたLPレコード盤の「ペールギュント組曲」で、やはり、第1組曲と第2組曲が順に並べられている。演奏は、ヴァーツラフ・ノイマン指揮、プラハ交響楽団。1960年代に録音したもののようだ(上の写真)。

指揮者のノイマンというと、この後にチェコ・フィルとともに何度か来日して、映像でも観る機会が何度もあったのだけれど、私的には、アンサンブルの正確さを指示する上では最も明確な指揮棒を振る指揮者の一人に思えて、大好きな指揮者になった(第1回のドヴォルザーク「交響曲第9番」でも触れたかと思う)。

 

そのノイマン指揮でプラハ交響楽団演奏の「ペールギュント組曲」をLPレコード盤に針を落として今また再び聴きながら、作曲者グリーグの音楽を映像化する作業も同時に開始される・・・それは幼少の頃と同じに絵本になって頭の中ではイメージされる。

当時のワクワク感も僅かながら記憶から湧き起こってきて・・・、

「あぁ〜、好い(よい)感じだぁ〜」・・・(笑)。