番外編:救ってくれたのは「フースラー・メソード」(ボイストレーニングのお話)

8月の終わり頃からそれまでとは違うボイストレーニングを取り入れて、もちろん、これと併行してライヴ活動も続けていたのですが、

「何かおかしい・・・?」

「以前よりも自由にコントロールして歌えない」

といったことが徐々に増えはじめて、結局は、歌うことそれすらできなくなりました。このボイストレーニングは始めて2ヵ月以上が経過した10月末少し前に中止。が、時すでに遅し、その後も喉の状態は悪いまま、歌えないままの状況が続いてしまいます。

さて、今回は・・・『この危機を救ってくれたもの』そのお話です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(手前味噌的な言いようになって恐縮ですが、)特にここ最近(昨年~今年6月・7月頃)の自身の歌声についてはライヴ中のそのパフォーマンスにおいてもほぼ満足できる状態で客席に届けることができている・・・といった自負もありながら音楽活動を続けていたのだけれど、「もうワンステップ上へ」という思いも常にどこかにあった。

今年の夏、1ヵ月間ほどギターをメンテナンスに出して・・・これも出さざるを得ない状態になったからなのだけれど(汗)、この間はライヴ活動も休止した。それで「歌うこと」を集中的に丁寧に見直してみようと思った。

そんなとき、これまでよりも「効率的に思える」ボイストレーニングを知った。実際に数日間試してみると声の立ち上がり具合が良いように感じた。もちろん、ボイストレーニングというものはその方法を変えたところで、数日はおろか数ヶ月程度で効果が表れるものではない・・・とされている。が、挑んでみようと思った。

本格的に取り入れ始めたのはギターもメンテナンスから戻ってきた8月の終わり頃からで、このボイストレーニングとそのためのウォーミングアップも含めて一日約30分間、休まず毎日取り組んだ。そしてその効果は意外にも直ぐに表れた。・・・ボイストレーニング後の曲練習では練習を始めた直後から声が出しやすく、これまでよりも声帯が鳴らしやすい感覚があった。週末のカフェ等でのミニライヴがある日も、自宅を出る前にウォーミングアップを兼ねてこのボイストレーニングをしておけば、店内に入って直ぐであっても声を確りと鳴らすことができて楽に歌えた。・・・そう、始めて2週間くらいまでは良好に思えた。

 

ところが、

「えっ?」

と思うことが経過とともに徐々に増えてきた。

悪影響が表れはじめたのは、自宅から少し遠い所にあるライヴハウスへ出掛けて行ってライヴをするときだった。ライヴハウスなどでは音響さんとサウンド・チェックを兼ねたリハーサルをして、これを終えて2時間~3時間後に本番の演奏を迎えることが多いのだけれど、リハーサルでは割と良好な感触があっても、本番になると、いま一つ、声のコントロールが難しい・・・そう感じることが多くなった。

更に続けていると、本番後の喉への負担や疲労感も感じるようになった。・・・それは、「ボイストレーニング(兼ウォーミングアップ)」と「リハーサル」と「ライヴ本番」を行う各時間の間隔が空けば空くほど喉にはダメージがあるように思えた。

(*リハーサル直前も、ライヴ本番直前も、数分程度の簡単なハミング等によるウォーミングアップは常にします。)

 

そんなであるのに、私は馬鹿だね~。

《このボイストレーニングを間違った解釈の方法でやってしまっていないか?》

を再チェックすることに労力を割いて、また同時に、

《ボイストレーニングは数ヶ月で効果が表れるものではないからもう少し続けてみなくては!》

といった方向へと固執してしまったのだよね~。

そして既に先月のブログの「ライヴ報告」でも記したように、こんな状態のままで、10月の「秋のライヴツアー2019」や「ほっと楽しやハートライヴ(第15夜)」に臨んでしまったのだった(汗)。

 

こうして、始めて2ヵ月以上が経過した10月末少し前のこと・・・首周りを手で触るだけで違和感を感じるようになった。声帯やその周りの筋などが腫れてしまっているような感触だ。実際、歌えるような声は満足に出せなくなった。こんな状態になって、ようやく、このボイストレーニングを中止したのだった。

 

幸い、ここから11月上旬に掛けての3週間ほどはライヴを入れていなかった。まずは喉を休ませた。

喉を休ませて5日ほどすると首周りを手で触って感じる違和感はやや薄れてきた。が、少しだけ歌ってみると、歌えなくはないのだけれど、以前(6月・7月頃まで)のように歌うといった状態からは程遠く、お客様を前にして歌うことなど到底できそうに思えない・・・そんな悪い状況は相変わらずだった。

 

《どうしよう…》

と思って、何気に部屋の書棚に視線を送った。

・・・・

《フースラー・メソード・・・・》

 

「フースラー・メソード入門(武田梵声 著、日本実業出版社)」というボイストレーニングの本だ。

2年ほど前に購入して、その時も丁寧に読み込んだつもりではいたのだけれど、当時は、この本と付属のDVDだけを頼りに、自分自身の下地にある知識や経験でこの「フースラー・メソード」というボイストレーニングを正しく取り入れるのは難しいと感じた。それこそ少しでも間違った解釈をして取り入れたら喉を壊してしまうように思えて諦めてしまったのだった。

《でも・・・》

と思って、もう一度、いや二度三度と本を読み返してみた。付属のDVDも何度も見直した。

あらためて読み込んでみると、『人間が本来もっている声帯機能を回復させる』ことを軸にしているメソッド(メソード)だった。

このフースラー・メソードの『人間が本来もっている声帯機能を回復させる』理論の中心は、

①声帯そのものが機能果たすためにある「声帯筋」、「輪状甲状筋」、「斜・横披裂筋」、「外側輪状披裂筋」、「後輪状披裂筋」

②声帯の機能を支えるために声帯の周辺にある「胸骨甲状筋」、「甲状舌骨筋」、「輪状咽頭筋」、「茎突咽頭筋」、「口蓋筋群」

これら①と②を「バランス良く」&「全てを強化する」ために如何なる手法が適切かを、科学的な「医学・解剖学」、「脳科学」などから研究されてきたことに加えて、「民族音楽」、「芸術・芸能史」なども紐解いて、その個別の成果を総合的な繋がりのある理論と手法として成立させるために分析・整理したメソードであるということだ。・・・ちなみに、19世紀以降ハリウッドを中心に広まって現在もまた多くで取り入れられているボイストレーニングの手法とは似てはいても根本で異なるものであるとされている。

 

2年前にこの本を手にしたときは、おそらく私自身がボイストレーニングのトレーニング手法(やり方・進め方)ばかりに囚われて読んでいたために、軸や本質となる部分を見逃してしまっていたのだろう。

 

《「フースラー・メソード」をやってみるしかない》

 

そう思って実際に始めたのは、喉を休ませてから8日間ほど経過してだった。

「フースラー・メソード」の中でも、もっとも初歩的で基本とされている「アンザッツ・メソードの7つの発声法」と「吸気性の6つの発声法」だけを先ずは始めた。・・・「フースラー・メソード」では、一日に3分~5分、長くても8分以内で終えるように示されている。

経過を見極められるまでは曲を歌う練習もしないことにした。

(*「アンザッツ・メソードの7つの発声法」と「吸気性の6つの発声法」は下記の<参考程度に>に、その発声のイメージを記しておきました。)

 

すると、「フースラー・メソード」を始めてから4日目には、首周りに感じていた違和感や腫れている感触も完全に消えて無くなっていた。喉やその周辺も軽くなった感じがして、身体的な感覚としてこんなにも楽な感覚はこの数ヶ月の間には無かったんだなぁ~と気付かされた。取り組み始めた発声法のいずれもが日に日に発声しやすくなってきていた。

続いて5日目には、曲の練習も軽く20分程度再開した。

《ああ、元に戻ったぁ~、よかったぁ~》

という感触を得た。

 

11月中旬以降の週末からはミニライヴもさせていただいている。少なくとも以前(6月・7月頃まで)の歌声と同レベルくらいには戻すこともできて、その歌とギターの演奏を客席にもある程度はご満足いただけるものとしてお届けできているかと思う。

 

「フースラー・メソード」の理論に立てば、8月の終わり頃から約2ヵ月以上に渡って取り入れていたボイストレーニングは間違いだらけだった・・・ということになる。

が、そのボイストレーニングを紹介したもの(書籍類やネット上の情報)を責めるよりも、「効率的に思える」などという表面的な目先ばかりに囚われた私の愚かなる心構えがそもそも間違いのもとだった・・・というわけだ。

情報過多の現代社会にあって、しかも音楽の世界は根拠の薄い迷信的なものも少なくないことくらい自身でも十分に分かっているつもりでいた。でも、この有様だ。

人・・・その時々あるいはその瞬間の「考え方」や「心持ち・心構え」というのは、よほど確りとした軸を持っていないとならないものだなぁ~と、あらためて感じる。上辺だけを覗いて上手いことしようなどと思って選択すると、とんでもない目に遭うのだ。今回もまた「失敗」というイイ薬が私には処方された。「良薬口に苦し・・・」だね~(汗)。

 

そして、「フースラー・メソード」によって救われた。

 

さて現在は、前述した「アンザッツ・メソードの7つの発声法」と「吸気性の6つの発声法」に加えて、やはり「フースラー・メソード」の中にある「ガム(ノイズ発声の一つ)」や「アンザッツ・メソードのうちの4つの発声とそれを吸気性にした発声を交互に素早く行うカタジャック」なども取り入れている。それでも、一日7~8分程度で終えるようにしている。

これらによって、曲を歌って演奏するとき(ギターの構え方も含めて)の身体全体の姿勢や使い方も変えているところだ。もしかしたら、「ワンステップ上へ」が今度こそ実現しつつあるのかも知れない・・・ナンテね。

 

*余談になりますが・・・次回で16回目となる「ほっと楽しやハートライヴ(第16夜)」は、年明けの1月に開催するのがこれまでの流れであるかと思いますが、現在、その身に付きつつある奏法が身体に染み込むまでは開催をお待ちいただこうかと考えています(少し悩んでもいますが・・・)。

 

<参考程度に>

*アンザッツ・メソッドの7つの発声法

1.志村けんさんのバカ殿のイメージ:「ミンミンミンミン・・・」「ヒッヒッヒッヒッ・・・」「ミィい~~~~」

2.歌のお兄さんのイメージ:「ハッハッハッハッ・・・」

3a.中尾彬さんのイメージ:「モァあ~~~~」

3b.藤山一郎さん、美輪明宏さんのイメージ:「ファあ~~~~」

4.ミッキーマウスのイメージ:「ホ~~~~」、「う~~~~」

5.ゲゲゲの鬼太郎の目玉おやじのイメージ:「ぁイ~~~~」

6.淡谷のり子さんのイメージ:「チャあ〜~~~」

(1.~3a.は地声(チェストボイス)、4.~6.は裏声(ファルセット)、3b.は地声に少し裏声がブレンドされた感じ)、(4.と5.と1.はこの順に事前のウォーミングアップでも行っています)

 

**平成生まれ以降の方には、このイメージは伝わらないかもね~(汗:すみません)。

 

*吸気性6つの発声法(息を吸いながら発声)

1.アンザッツの4.の吸気性発声:「ㇹお~~~」

2.アンザッツの3a.の吸気性発声:「モあ〜~~」

3.シュナル(極低音):ドアがきしみながら開くような音? 映画「呪怨」の俊雄くんのような声?

4.やや高めのシュナル:上記のシュナルよりも軽い感じで高めの音域?を含む

5.アンザッツの1.の吸気性発声:「ㇶいャ~~~」

6.アンザッツの3a.の吸気性発声:「ゥあ~~~」

(吸気性発声について、最初は「さんま」さんの引き笑い「ヤぁーハッハッハッハぁ~」をマネしてみることから入りました)