ライヴ報告(新緑の季節ライヴ「Next Sunday」編)

昨夜、26日(金)は、東京・阿佐ヶ谷にある「ライヴ小屋 Next Sunday」さんに出演させていただいた。

 

好き(よき)一夜でしたよ〜!

 

同日出演者、よねくらみすず(Vocal&A.Guitar)さんとは初めまして・・・、ギター侍(Vocal&A.Guitar)さん、菅野忠則(Vocal&A.Guitar)さん、お二方とは何度も御一緒していて仲良くさせていただいている。が、少しばかり、お久しぶり・・・でした。

 

お三方によって、楽しく、少々ゆる〜い雰囲気の中、心地好い感じに音楽が、ライヴが、それぞれの出演者の個性と誠実さのある音楽・演奏も際立って進行していった。

 

そして、4番目にステージに立たせていただいた。

あまりに心地好い流れで進行してきていたので、妙な緊張もあったり、加えて、少々ゆる〜い雰囲気にメンタル面での置き所が意外と難しくはあったものの、愛間純人ならではの歌・演奏&トークのライヴはお届けできたかと・・・。

 

ようやく、長かった「トンネル」の出口から日の差す外へ出ることができた感触を得た。

特に、この日は、ギター侍さんと菅野忠則さんという親しくさせていただいている音楽仲間と一緒でもあり、P.A(音響)も安心して任せておける坂元さんが居てくれたり、初ライヴからご縁の深い「Next Sunday」さんでのライヴで、これらがステージ上の私を充実した心持ちにもしてくれて、「トンネル脱出」を手伝ってくれたように思う。

 

そう、独りでライヴをしているのでは決してないのだな。

独りではないのだな。

 

 同空間・同時間を過ごしていただいた皆様に心から感謝申し上げます。

ありがとうございました。

また、長々と「スランプ」、「トンネル」に入り込んでいた私めをご心配くださった方々、アドバイスや励ましの言葉を掛けてくださった皆様にも、感謝申し上げます。

ありがとうございました。

もう大丈夫です!きっと・・・(笑)。

 

さて、さて、個人的に・・・、

菅野さん、新作CD「ココロノササエ」をお買い上げくださり、ありがとうございました! 現在のところ、愛間純人のCDをすべて持っているミュージシャンはあなただけです(笑)!

 

この下の写真は、ライヴ後の出演者談義の風景・・・?