今日の一曲①:ドヴォルザークの交響曲第9番

「愛間純人のミュージック・ヒストリー(第1話〜第8話)」は時間軸に従って、出会った音楽やその当時のことを、まあ、ざっくりと書いてきました。

で、そこに載せた音楽や、または載せられなかった音楽も含めて、私が出会った音楽を一曲ずつをもう少し丁寧に語っていこうと思います。

 

 今日の一曲は、ドボルザーク作曲、交響曲第9番「新世界より」です。

 

何もこの曲の蘊蓄を語るわけではありませんよ。私より詳しい人は幾らでもいらっしゃると思いますので・・・。

 

では、始めます。

3〜4歳頃からクラシック音楽を聴いていた私ですが、演奏時間が45分から1時間くらいある交響曲を最初から最後まで通して聴くようになったのは小学校の高学年になってからだったと思います。

 

初めて最初から最後まで通して聴いた交響曲が、ドボルザークの交響曲第9番「新世界より」です。

 

小学生の頃、下校時間になると、校舎内にも校庭にも流れたのが、この交響曲の第2楽章です。静かでゆっくりしたテンポの楽章の一部に使われているメロディは誰もが耳にしているはずです。このメロディに歌詞を付けた歌が、日本では、「家路」という題名で親しまれています。音楽の教科書に載っていたような・・。

そう言えば、最近は、力強い第4楽章もCMで使われていたりしてますね。

 

下校時刻になると、この曲と共に放送委員が、「下校時刻になりました、用がある人もない人も早く帰りましょう。」みたいな?・・・ことをマイクで言って・・・。

『用がある人もない人も』っていうのが、なかなか何気に強制的な言葉だったのだなぁ〜と大人になってから思ってみたり・・・(笑)。

でも、先ずは、こうした出会いで聴くようになった曲です。

 

その後、この曲とは印象深い節目の場面でリンクしています。

中学生のときの卒業式です。校長先生や来賓の挨拶の後からだったと記憶していますが、式の間ずうっとBGMとして静かな音量で第1楽章からカット無しで流れていました。すでに好きな音楽の一つになっていたので、よ〜く憶えています。

私は当時の勉強や授業のことは覚えていませんが・・・(汗)、クラス、学年、男女隔たりなく皆が仲が良く、休み時間や放課後、体育祭や文化祭、合唱祭などは楽しく過ごせた中学時代だったので、その卒業式は決して退屈なことも無く、その日一日のことは良く憶えています。学級担任の先生が最後に私たちに贈ってくださった言葉は、「これでいいのかと常に考えなさい」、「今の笑顔を忘れないこと」の二つでした。

 

さて、現在、この曲のLPレコードやCDは4枚持っています。

 

最初に買ったレコードは、中学1年生の時に、なんと本屋さんで買いました。中学校の校門から30秒くらいのところにあった本屋さんです。その本屋さんで、「世界名曲全集」の年間予約のチラシか何かをもらってきたのだったと思いますが、自分で予約した憶えがあります。月々のおこづかいを先に年間分で親に立替えてもらって予約して、各月1枚のレコードが本屋さんに届くと取りに行っていました。月々では、こづかいの範囲内で買えたくらいだから、LPレコード1枚の値段としては格安だったのだと思います。

ですから、後々になってから分かったことですが、収録された演奏は当時の日本ではあまり有名ではない指揮者やオーケストラのものであったようです。が、今、聴くと、なかなか良い演奏と思えるものばかりですよ〜!

その第4巻にこの曲が収録されていて、自分のレコードとして手にした最初になりました。

カレル・アンチェル指揮、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で、聴き比べをするようになった以降あらためて聴いていても、自然な流れのテンポ感が心地良い演奏に感じています。

 

2枚目は、高校生の時に買ったLPレコードで、ジョージ・セル指揮、クリーヴランド管弦楽団の演奏。さっきのとは逆に、テンポの動かし方が特徴的に感じます。アメリカのオーケストラらしい金管の音色を特ちながら、他のパートとの音の混ざり具合がとても整ったアンサンブル力を感じる演奏です。

 

3枚目は、30歳頃に買ったCDです。ヴァーツラフ・ノイマン指揮、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏のものです。4枚の中では最も好みかもしれません。この曲に限らすノイマンさんの指揮が好きなのですが、なんと言っても、オーケストラ全体の音のバランスとチェコ・フィルならではの音色です。たま〜に、微妙に演奏にズレがあるのも、コンサート・ライヴならではの録音で気に入っています。

 

4枚目は、20歳頃には出ていたLPレコードを買い損ねて、数年前にCDになったものを買いました。ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏です。全体的にテンポが速めの演奏なのはこの指揮者ならではかと・・・。まあ、バランス、アンサンブル、音色の豊かさからすれば、完璧と言いたくなる演奏です。

 

故郷を想いながら、新しい地での不安を打ち消すかのように何かを切り開こうとして、ドボルザークはこの作品を創ったのだと思います。私の勝手な解釈ですよ。

私にとってこの曲は、小学生頃も、中学生の時も、高校生時代も、大学、社会人になってからも、素朴さや優しさを感じたくて、でも力強く向かっていくのだと思いたい、こうしたイメージに触れたくなったときに聴いてきた一曲です。

今、あるいは、少し不安な明日にも希望を持ちたい時の一曲、ドボルザーク作曲、交響曲第9番「新世界より」でした。