奇蹟のように「ほっと楽しやハートライヴ(第一夜)」

ブログ更新が遅くなりました!

3月15日(日)の私、初の企画ライヴ『ほっと楽しやハートライヴ(第一夜)』(@阿佐ヶ谷「ライヴ小屋 Next Sunday」)は、奇蹟のような時間を過ごさせていただきました。

まずは、この時間を一緒に過ごしてくださった皆様御一人御一人に、深く御礼、感謝申し上げます。

また、ここまで、愛間純人を応援くださり、ご支援くださいました皆様に心より感謝申し上げます。


オープニング・アクトの「湖春」さん、

出演1番の「ひらげエレキテル+しびれる今井」さん、

出演2番の「なべ虹魚」さん、

出演3番の「コトノハ」さん、

それぞれの出演者が、ご自身の音楽とライヴを、それぞれのハートを持って客席へと届けてくれた。


1組ひと組のライヴは独立しているのだけど、次の出演者、次の出演者へと、優しさと良い緊張感を繋いで、私、愛間純人へと・・・。


何とも言えない夢のような空間となった客席に向けて、ほどよい緊張感は、いつの間にか「無」な感覚でステージに立っていた私であったかと・・・。

1曲目:心にある足

2曲目:届けるもの(新曲)

3曲目:桜、夢色(新曲)

4曲目:愛せるだけで、愛するだけで

5曲目:朝日は空色を変えて


予定になかったが、最後の最後に、愛間純人が音楽活動を始めるきっかけを作った人であり、命の恩人でもある「吉浦隆司」をステージ上に迎えた。

私は、「こういうことをするのは大嫌いなんだけど・・・」と、客席に伝えた後、私の曲「IKO-ZE!」を、このヤロウ(吉浦隆司)と二人で奏でた。客席では大好評だった様子。


もう決めている。『ほっと楽しやハートライヴ(第二夜)』は、6月28日(日)。

また、明日から新たな挑戦だ!